スリランカへの再訪

by ベリンダ・バグス

Top

ほぼ10年ほど前、永遠に割れつづけ、見渡すかぎり人っ子ひとりいない神秘的なポイントの話を耳にしました。そんな話を聞いてぜひとも行ってみたいと思わないサーフィン中毒者がどこにいるでしょう。それがたとえ渡航勧告を無視し、内戦によって不安定な状況がつづく地域に足を踏み入れることであっても。

若くて経験もなく、ほぼ間違いなく愚かだった私は、数人の友人とともに旅に出て、アルガムベイで人生最高の波を体験しました。そこはスリランカの南東沿岸に位置し、時間が緩やかに流れる漁村でした。2004年のインド洋大津波から1年が経っていた当時、長年の武力紛争に苦しんできたこの地域は、やっと一般市民に開放されたところでした。

軍による検問はひんぱんにありました。車内で昼寝をして目を覚ますと、AK-47ライフルを頭に突きつけられながら、車の上に積んでいる荷物について質問を受たりもしました。それはこの旅は間違っていたと思うに十分な体験でした。でも車の上にあるのはサーフボードだけだと伝えると、彼らは笑顔とシャカサインで別れを告げていきました。これらはスリランカ人をうまく象徴している体験だと思います。彼らは戦争の真っ只中でも、笑顔を分かち合うことを忘れていませんでした。

【 「家を離れる私の旅の中心は、たいてい冒険と波の追求。この旅も、スリランカの暖かい水と神秘的なポイントブレイクの再訪として、ほぼ同じようにはじまったの。 でもパタゴニアがフェアトレード・サーティファイド製品をここから調達すると知って、それらがどのように作られているかを見る機会にも飛びついたわ」 写真:Jarrah Lynch 】

続きを読む "スリランカへの再訪" »

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート5 ホクレアよ永遠に

by ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック

Top

風はなく、波は穏やかだ。双胴型航海カヌー「ホクレア」のまわりでさざ波を立てているのは、大きな円を描きながら子供たちが漕ぐパドルボードだけ。船首にはティリーフの花冠が掛けられ、帆は巻かれたままマストに結ばれている。ハワイの王のマントと同じ深紅に染められたこれらの帆は、強い風のなかでは 15 メートルにわたって広がる。

ホクレア号はすでに 1 週間ほど、ヒロの近くにある湧水の入り江パレカイに係留していた。商船、貨物コンテナ、石油タンクが溶岩石で囲まれた湾に並ぶなか、ホクレア号はまるで島のように、臆することなくしっかりと錨を下ろし、風が吹くのを待っている。

【 世界航海の開始にあたるヒロでの出航儀式中、レイを船首にかけるヒキアナリア 号の乗組員のエルヴェ・マラエタアタ。パレカイ(「防波堤」または「海から防御する こと」の意)での儀式は、旅立つホクレア号の乗組員を守り慈しむため、地元地域 からの温かさとアロハによって行われた。写真:John Bilderback 】

続きを読む "マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート5 ホクレアよ永遠に" »

The More Things Change (変われば、変わるほど):ジェリー・ロペスのウルワツ・トークストーリー

by ジェリー・ロペス 

Top

ジェリー・ロペスがはじめてウルワツでサーフィンをしたのは1974年のことでした。バリの伝説的な波は美しく魅惑的で、辺りは閑散としていました(詳細は後述)。そして40年後、ジェリーはそこでヨガの合宿を主催し、教室の合間に波に乗り、ウルワツを次世代に残す保護活動を支援するため、戻ってきました。この短編ドキュメンタリーでは、ジェリーがウルワツとサーフィンを変化の隠喩として使いながら、ブキット半島、バリ、そしてサーフィンを越えた多様なメッセージを伝えています。ネイサン・マイヤーズ監督の『The More Things Change (変われば、変わるほど)』は、ジェリー・ロペス、デーブ・ラストヴィッチ、ロブ・マチャド、リザール・タンジュンのサーフィンにスポットを当てています。

【 ウルワツの崖を背景にボトムターン。この頃はまだ丘の上にホテルを建てようと考える者すらいなかったはずだ。写真:Dana Edmunds 】

続きを読む "The More Things Change (変われば、変わるほど):ジェリー・ロペスのウルワツ・トークストーリー" »

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート4 正しい方向

by ナイノア・トンプソン

Top

1975 年の進水以来この魔法のような船「ホクレア」の、地域と人びとを結び、刺激し、変える力を目撃してきました。そのデッキの上で太平洋の民は、それまで 600 年間も眠っていた天文航法、ウェイファインディング、遠洋航海のアートと科学をよみがえらせました。ホクレア号で航海してきたこの 40 年間私たちが教えられてきたのは、過去を振り返りながら未来への期待を強め、祖先の技術と知恵と価値観を現在に活かし、私たちが暮らすこの地球という島をより明るい目的地へとかじ取りする手助けをするよう呼び掛けることでした。

ホクレア号が 1970 年代の苦闘から生まれた希望の灯台であったように、困難の多いこの時代に最大級の環境的/社会的問題の解決に取り組む世界中の 100 以上の地域に希望の光を照らすため、私たちは史上初の世界航海に乗り出しました。

【グレート・バリア・リーフを抜ける航路にてマカアラ(覚醒)の状態を保つ、 ポゥ航法師のナイノア・トンプソン。ポリネシア航海協会の代表でもあるナイノア船長 は、人生の半分以上におよぶ 35 年間にわたってホクレア号の舵を取り、祖先の伝統 に習って星、風、月、波、鳥、魚を頼るべき指標としてきた。写真:John Bilderback 】

続きを読む "マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート4 正しい方向" »

走りゆく公園

by ケイティ・ミラー

Top
起きぬけのボーッとした状態で寝袋に入ったまま、 足元のジッパーだけを開けてキャンプのキッチンに ヨロヨロと歩み寄り、仲間と朝の挨拶を交わした。 肌寒かったけれど、荷物を軽くするためにウェアは 最小限しか持ってきていなかった。

私は寝袋から手を出して、温かいコーヒーを握った。すると東の霞のなかに、2頭の雄のバイソンが姿を見せた。高く生い茂った草のあいだをぶらつく彼らを、私たちは無言の驚嘆で見つめた。待ち受ける長距離のことを考えると、これは幸先のいいス タートに思えた。私は驚嘆するのが大好きだ。

私たちはランナー、写真家、ローカルから成る チームで、メンバーはジャスティン・アングル、ウォーカー・ファーガソン、ボー・フレッドランド、フレド リック・マームセイター、私の5人。モンタナ州クッ ク・シティからイエローストーン国立公園の中心地オールド・フェイスフルまでの225キロメートルを5日間で走る、バックカントリートラバースをしていた。前日に出発した私たちは最初の48キロメートルを消化。「野生」の意味の世界共通の概念を象徴する、この野生の縮図のなかで展開する環境や政策にまつわるストーリーを、現場で直接体験することが目的だった。

【 5 日間で 225 キロ メートルを走る旅には、類い稀な 地形がたっぷり含まれている。 ショショーニ・ガイザー・ベースン を駆け抜けるケイティ・ミラー、 ボー・フレッドランド、ウォーカー・ファーガソン、ジャスティン・ アングル。ワイオミング州イエローストーン国立公園 】

続きを読む "走りゆく公園" »

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート3 ニュージーランド

by ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック 

Top
ホクレア号は世界航海をつづけながら、私たちの「地球島」をいたわる「マラマ・ホヌア」を実践する人びとの国際的なネットワークを紡ぐ。昨年の秋にはアオテアロアのワイタンギに上陸し、数百人に迎えられた。マオリ族はニュージーランドをアオテアロアと呼び、その意味は「白雲が長くたなびく地」だ。太平洋の島々に最初に定住したポリネシア人の移動経路をたどりながら、ホクレア号がはじめてアオテアロアに航海したのは30年以上前のこと。1985年の上陸当時、壮大なカヌーが海を横断する姿に感銘を受けた地元のリーダーは、ハワイ人たちをニュージーランド最北の地、タイ・トケラウの第6部族と名づけた。

【 マオリ族はニュージーランドをアオテアロアと呼び、その意味は「白雲が長くたなびく地」だ。マウント・タラナキ、ニュージーランド北島。写真:John Bilderback 】

続きを読む "マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート3 ニュージーランド" »

より良く知り、より良く行動する

by デイヴ・ラストヴィッチ

Top

スリランカのコロンボ近郊でパタゴニア製品を製造するフェアトレード認証済みの工場、MAS アクティブ・レジャーラインに足を踏み入れると、感覚をまず刺激するのはその音だ。

鮮やかな緑色の作業服を着た数百人の従業員が、蛍光灯の白い光の下で列をなす裁断機とミシンを操作している。スリランカの伝統音楽が機械に負けない音量で作業場に流れている。僕は騒音のなかに立ち、パタゴニアのサーフィン製品がどこで、誰の手によって作られているのか、また従業員がどんな待遇を受けているのか、もっとはっきりと理解しようとする。

【 スリランカのMASアクティブ・レジャーラインを訪れるデイヴ・ラストヴィッチ。パタゴニアはこの工場と提携を結び、そのフェアトレード認証の獲得に協力した。写真:Jarrah Lynch 】

続きを読む "より良く知り、より良く行動する" »

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート2 サモア

by ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック

Top

2016年はアメリカ国立公園が誕生100周年を記念する。マラマ・ホヌア世界航海では、ホクレア号の乗組員が、アメリカ領サモア、カリブ海のセント・ジョン、フロリダのエバーグレーズなど複数の国立公園を訪問し、6月はじめにはニューヨーク市のガバナーズ島に立ち寄る。乗組員はこれまでの寄港先で、それぞれの地域が独自の方法で地球をいたわる「マラマ・ホヌア」を実践している様子を見てきた。2015年9月にアメリカ領サモアのパゴパゴに寄港した際には、国立公園レンジャーを務めるプア・トゥアウアがサモア流のマラマ・ホヌアを教えてくれた。

「私たちの土地はおそらく我が民族にとって何よりも貴重な資産です」とプアは説明した。

ホクレア号の乗組員が学校を訪れて、子供たちにホクレア号がどのように「マラマ・ホヌア」を体現しているのかを教えるあいだ、プアはパゴパゴのダウンタウンにあるパークレンジャーのオフィスで仕事をはじめた。プアのオフィスからはパゴパゴ港が見渡せる。汀線が島の中心へと8キロにわたって曲がりくねりながら入り込み、しっかりと守られている港だ。港の片側には知事公邸があり、もう片側にはレインメイカー・マウンテンがそびえる。埠頭には多数の漁船が並んでいる。パゴパゴは南太平洋でアメリカ国旗を掲げる最も有益な商業漁港である。

【 アメリカ領サモアの トゥトゥイラ島のレインメーカー・マウンテンをうっそうとした熱帯雨林が覆う。写真:John Bilderback 】

続きを読む "マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート2 サモア" »

ランニング・アップ・フォー・エアー:空気のために走る

by ルーク・ネルソン

Top

僕は息もたえだえに手を伸ばし、笑顔で立っている4人のボランティアとハイファイブをする。2月だというのに山頂の救護ステーションに立ってくれている彼らに、喘ぎながら感謝する。ステーションを回り込み、下の谷につづく急な雪のステップを早足で4歩か5歩目駆け下りると、雪の地面が抜け落ち、足全体が埋没する。前転した僕はひっくり返ることを余儀なくされ、あわや他のランナーと接触するところだった。なんとかコントロールを取り戻すと、前屈みになって危険を顧みない奔放さで下山する。数キロ、ほぼ標高差で1,000メートル降りると、僕は天場エリアに滑り込んだ。そこは「ランニング・アップ・フォー・エアー(Running Up For Air: 以下RUFA)」と呼ばれる無謀なイベントのスタート地点、救護ステーション、チェックポイント、そしてゴールとなる場所だ。

【 2017年のランニング・アップ・フォー・エアーのスタートラインに一斉につく参加者たち。このイベントで集まった資金は〈ブリーズ・ユタ〉に寄付される。イベント当日は、空気は驚くほど澄んでいたが、大気汚染が酷い日にマスクをかける人たちとの結束を示すために参加者はスタート地点でマスクを着用した。写真:Andrew Burr 】

続きを読む "ランニング・アップ・フォー・エアー:空気のために走る" »

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海

by ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック

Top

「ヘ・ワア・ヘ・モク、ヘ・モク・ヘ・ワア」はハワイの格言で、「カヌーは島であり、島はカヌーである」を意味する。

いまから数百年前、航海カヌーはポリネシア人が島々で生存するためのツールであり、それにより食料を探し、新たな土地に定住することができるようになった。カヌーでの生活は陸地での生活の縮図だった。生き延びるために人びとは互いをいたわり、カヌーを大切にする必要があった。今日この真理を最も明白に表しているのがハワイの双胴型航海カヌー、ホクレア号だ。

ホクレア号は近代計器を使わず、太陽、月、波、鳥、風、星という自然の指標だけを頼りに帆走する。これは純粋な持続可能性の実践のひとつであり、そのミッションはひらめきに満ちている。2014年5月にヒロで進水して以来、ホクレア号は3つの大洋と4つの海、11の異なる時間帯を横断し、50以上の港に寄港しながら、海の健康と私たちが共有する地球という島を大切にするコミュニティを結びつけてきた。この世界航海は「マラマ・ホヌア(地球を大切に)」として知られる。

【 40年以上航海してきたホクレア号は、ポリネシア中の島のコミュニティで航海カヌーの再生を刺激してきた。写真:John Bilderback 】

続きを読む "マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海" »

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.