« なぜ私たちは公有地について気遣うべきなのか | メイン | パタゴニア初のテレビ広告:私たちの「公有地」のために »

海が教えてくれた私の生き甲斐と、サーフィンが教えてくれた私の生き方

by 武知実波(パタゴニア・サーフィン・アンバサダー

①サーフィンと私。
「生き甲斐」について考えてみる。国語辞典によると、「生き甲斐」とは、「生きるに値するもの。生きていくはりあいや喜び。」であるそうだ。私はこの「生き」る「甲斐」を、海に教わってきたように思う。1歩水に足を入れる。陸にいたときに、見栄や欲でできた鎧を背負っていたことに気づく。父が削ってくれた、私だけのボードに乗り、沖へ向かう。いったん海に入れば自身も自然の一部と化す。海は不要なものを私の体からおろしてくれて、そして教えてくれる。自分がどんなに無力であるか、そして自然との同調こそ最も人間的で自然的、そして合理的であるということを。

海と関わり合って生きていく。その過程で経験することのすべてが私の生き甲斐であり、きっとこれからもそう。海と私をつなげてくれたのは、大好きな両親。そして両親が海と関わる仲介役に選んだのが、「サーフィン」だった。徳島県阿南市で生まれ育った私は、幼少期から両親と弟と海に向かう日々を過ごした。契機は8歳のとき。いまでも覚えているのは、あるときパッと「サーフィンしたい」という文言が降りてきて父に宣言したこと。私のサーフィン人生はここからはじまった。中学2年生から世界ジュニアサーフィン選手権の日本代表を4年連続経験し、高校3年生のときに日本プロサーフィン連盟公認のプロサーファーとなり、同年ルーキーオブザイヤーを受賞した私は徳島大学に入学し、海外のツアーをおもに転戦する。たくさんの勝ち負けを経験してきたが、海外に出ることで試合の何十倍もの数の、新たな場所、人、文化、慣習、そして経験と出会うことができたことこそ最大の財産であり、それらがいまの私を形作っている。

そして、サーフィンに恩返しをする。「私に多くを経験させてくれて、さまざまな物事に対して考えるきっかけを与えてくれたサーフィンに恩返しをすること」 これがいまの私が掲げる目標のひとつだ。今日は私が考えるそのことについて、少しお話ししたいと思う。

【 サーフィンと私。ここから私のサーフィン人生が始まりました。全写真:武知実波 】

2020年東京オリンピックでの追加種目としての開催が決定したサーフィン。業界にとっては本当に素晴らしく喜ばしいことで、私自身いちサーファーとして、サーフィンが他のメジャー競技と肩を並べる日が来ることを心から祝福している。サーフィンといっても、行い手によってその関わり方は十人十色。私は、「競技スポーツ」、「レジャースポーツ」、「生涯スポーツ」の3つの側面をもっていることが特徴だと考えている。私のように選手として試合に出場する競技スポーツの要素、家族や友人とイベントのような感覚でサーフィンスクールなどを通して経験するレジャースポーツの要素、そして一生を通じて健康、生活の質の向上のために行われる生涯スポーツの要素。サーフィンは各々が自分に合った付き合い方をすることができる、適応性の高いスポーツだ。

 

②サーフィン部集合写真【 徳島大学サーフィン部集合写真。現在24名(2017年8月現在)でサーフィンの楽しみを皆で共有しながら活動しています。 】

 

大学時代に友人たちとともに徳島大学で大学公認サークル「徳島大学サーフィン部」を立ち上げたのも、このようないくつもの利点のあるサーフィンの魅力をひとりでも多くの人びとに知ってもらい、興味をもってもらいたいという目的だった。徳島の魅力である自然をいちばん身近に感じられるサーフィンを通して、徳島、サーフィン、自然の魅力を共有したい。大学院生となったいまも、その魅力を部員皆で共有する日々を送っている。けれども私がサーフィン部を設立した目的は、サーフィンの魅力の発信の他に、もうひとつあった。それは教育現場へのサーフィンの導入である。徳島大学で英語教育を専門として学ぶ過程で、人を育む教育が他の分野においても重要であることを感じ、教育現場にサーフィンを導入することこそ、サーフィンの今後の発展に必要不可欠であるという考えにいたった。そして卒業研究として「サーフィン活動の学校教育への導入方法とその効果」を研究した。研究からはサーフィンを教育カリキュラムとして導入することで児童生徒の自己効力感は向上し、健全な発達に寄与する可能性をもつことが明らかになり、サーフィンを教育へ導入することの意義を再確認することができた。

この研究を経て、大学でのサークル活動だけでなく、実際に徳島において教育現場にサーフィンを導入する取り組みをはじめる。小学校での講演では、海外遠征を経験して学んだことに関して、夢や目標をもつことの大切さについて、また小学校のプールでのサーフィンスクールでは、実際にボードを浮かべて、サーフィンの基本となるパドリングとテイクオフを体験してもらい、サーフィンの楽しさを実感する機会を提供している。毎回子どもたちの純粋無垢でキラキラした眼差しに可能性を感じ、子どもたちがサーフィンを通して人生を豊かにするためのヒントを何かひとつでも吸収してくれたらと思う。少しずつ、でも確実に、サーフィンを伝える土壌ができていくことを喜びつつ、たんなるイベントで終わらせるのではなく、継続させることではじめて意味があるのだと思いながら活動をしている。

③小学校講演【 徳島県阿南市内の小学校での講演の様子。「夢に向かって~私が歩んできた道~」というタイトルで、海外での経験や、学んできたことを伝える活動も積極的に行なっています。】

IMG-9240

IMG-9274【 徳島県阿南市内の小学校での講演の様子。「夢に向かって~私が歩んできた道~」というタイトルで、海外での経験や、学んできたことを伝える活動も積極的に行なっています。 】


次のステップでは、対象を教育から地域に移していきたいと考えている。現在、徳島大学大学院で「サーフィン・ツーリズムを活かした地域活性化策の課題」という題目のもと、サーフィンを用いた地域活性化のための具体的施策とその効果について研究している。サーフィンがもつ、人びとを波のある遠方まで引きつける求心力は、地域活性化の起爆剤となり得る。国内においては千葉県一宮町や宮崎県日向市等が先駆けとなり、行政が主となってサーフィンを取り入れた地域活性化策を考案し、実行している。今後は研究を通してサーフィンが地域活性化に影響することを明らかにし、多くの人がサーフィンを通してさまざまな形で自然の中でのスポーツを好きになり、そのことが地域活性に結びつく形を作っていきたい。もちろんその中には教育現場も含まれていて、子どもからお年寄りまで、サーフィンを受け入れる地域作りができれば最高だ。

サーフィンができる海岸は世界中に存在し、いまだ前人未踏のブレイクもあると予想される。オーストラリアやアメリカなどサーフィン先進国を含む世界各地で、サーファーはサーフィンを楽しみ、つねに生活の傍に置いている。でもサーフィン先進国であるそれらの国の海岸と日本の海岸とでは大きな違いがある。それはサーフィンがその地の文化であるか否かということ。サーフィンにとって重要なのは、ただサーフィン競技人口を増やすことだけではなく、サーフィンができる素晴らしい資源を有する地域に、サーフィンを文化として根付かせること。そしてそれに向かって私たちサーファーが努力をするということだ。それは一朝一夕に成せることではなく、その地域の人たちとサーファーとの歩み寄りがあってはじめて動き出す。海は地のものである。誰のものでもないが、明らかなのは、海がその地域の一部であるということだ。文化としてその地にサーフィンを受け入れてもらうためには、サーファーがその地を理解し、発展に関与し、相互理解を深めることが最重要かつ最優先事項なのである。そのために、いまの自分にできることをひとつずつやっていきたいと思う。

私が望むこと。それは、サーフィンが正しく、良いものとして普及し、サーフィンによって人生に幸せを見出す人がひとりでも増えること。そして「サーフィンへの恩返し」については、そのゴールにたどり着くためにこれまでに述べた活動だけに留まらず、もっともっとサーフィンと向き合い、方法を考え、実行していきたい。日々自問自答しながら、プロサーファーとして戦い、講演し、研究している。

人生を波に例えて言う言葉がある。「一度来た波は二度と来ない」 サーフィンも人生も同じで、一度過ぎると二度と戻ってくることはない。その貴重な一生、儚い一瞬に価値づけできる方法は人によってそれぞれだと思う。それを探すことが生きる意味なのかもしれないし、答えなんてないのかもしれない。私の場合はサーフィンが人生を彩ってくれている。生き甲斐を与えてくれて、目標までもたせてくれた。まだまだ長い人生、山も谷もそれ以外の困難もあると思うけれど、この言葉をしっかりと心に刻み、自分にできることを日々探し、これからもずっとお気に入りのボードを携えて、失敗しても何度でも沖に向かって波に乗りつづけようと思う。私はそのことに何よりも幸せを見出している。

IMG-8297【 Surfing makes me happy! それが全ての動機。サーフィンに生かされる人生、それもまた良し。】
 

関連記事

コメント

実波ちゃん、平野です、どうもです!

全日本期間中は色々お世話になりました。

あれからお変わりありませんか?

僕は一方的で失礼かもしれませんが、あなたこそ同志だと思ってます。

surfing 文化を日本に根付かせるにはまだまだ多くの問題が山積みもかもしれませんが、とにかく前を向いて頑張っていきましょう。

そうした時代を作っていく言う思いこそが大事だと思いますよ、

出来たら、実波ちゃんみたいな人材こそが政界に入って頂いて何とかいい感じのsurfing japenになればなっとおっさんは思いますね。

自分が果たせなかった夢かもしれませんが。。。?!


ま〜!!
そんな感じで実波ちゃんを応援してるおっさんも居ることをお忘れなく、そして大きな壁にぶっかったら50代のおっさんの人生観、経験から何かアドバイス出来たら嬉しいなと思います。

また、どこかでお会い出来きたらhappyです!!

これは、表示しなくてもいいですよ!

平野さん、コメントいただきありがとうございます。武知です。
また全日本のときには大変お世話になりこちらこそありがとうございました。色々と興味深いお話ができて私も非常に有意義な時間を過ごすことができました。

またこの度はコラムご覧いただきまして誠にありがとうございます。
平野さんのおっしゃる通り、サーフィンを文化にまで昇華させることは決して簡単なことではなく、今後サーファー同士で話す場を持ち、前進のために手を取り合って行動していくことが求められると思います。
今後私自身もサーフィンをより良い形で伝えて広めていけるよう努めていきたいと思いますので、引き続きご声援いただければ幸いです。
また海でお会いできる日を楽しみにしています!
ありがとうございました!

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...