« 世界一美しく過酷なアウトリガーカヌーのレース「ハワイキ・ヌイ・ヴァア」 | メイン | 天然染料の試み »

ひだまり ~石木川がつなぐ未来への旅路~

by 東田トモヒロ(ミュージシャン)

WTK-667

去年4月に起きた熊本地震は僕にとってこれまでで最も身近で、最も大きな災害だった。多くの家屋や建造物が倒壊し、地割れや土砂崩れなどもあちこちで発生していたので、震災当初は何もかも失われてしまったかのような悲しい気持ちで過ごしていたように記憶している。石木ダムのことに出会ったのはまさにその頃だった。

長崎の山村、豊かな自然の残る美しい場所が、ダムと資本主義という洪水に押し流されようとしている。さまざまな価値観が花開き、豊かさの本質を自然の中に見いだそうというこの新世紀にあって、なんて意味の無いことがなされようとしているのだろう。瓦礫にまみれ、多くの人々が住処や働く場所を失った熊本、僕らが日々向き合っているリアリティ。同じときに隣の長崎では、そこに暮らす人々の気持ちを無視したダムの建設計画が押し進められようとしている。2つのできごとは僕の中でひとつに結ばれ、その中にこそこれからの未来や社会のあり方についてとても大切なことがあるような気がしてならなかった。これは僕が通るべき、向き合うべき旅路なのだと。

[ 昨年10月に野外イベント『WTK – WITNESS TO KOHBARU IN AUTUMN 失われるかもしれない美しい場所で』が石木ダムの水没予定地で開催された。 写真:SUNCloud. ]

その年の10月、すばらしいミュージシャン仲間たちとともに、石木ダムの水没予定地とされている川原(こうばる)で『WTK – WITNESS TO KOHBARU IN AUTUMN 失われるかもしれない美しい場所で』と銘打った野外イベントを開催し、そのステージに立った。それは自分の中にあった暗闇に、ひと筋の光が差し込むような体験だった。1日限りのイベントだったが、この感覚を僕なりに継続して石木川とつながりが持てないか。その想いが形になり、ミニアルバムができあがった。年中旅をしている僕だから、これがあればいく先々でひとりでも多くの人に石木について知らせることができる。川原の人々のことを、その自然の豊かさを少しずつではあるが伝えることができるかもしれない。アルバムに収録されている「ひだまり」という曲は、2011年に起きた福島の原発事故から熊本の震災、そして川原との出逢いによって誕生した。残りの3曲はすべて石木川の流れる川原に捧げた曲だ。

サケが生まれた源流に戻ってくるように、僕のこのアルバムもその源流に戻るべきだと考え、10% for KOHBARUと称し、売り上げの10%をパタゴニアに寄付して石木川や川原に暮らす人々のために役立ててもらうことにした。ミュージシャンという立場を使い、海を愛するひとりのサーファーとして、小さな力ではあるが僕ができることをこれからもつづけていく。

WTK-754[ WITNESS TO KOHBARU IN AUTUMN  失われるかもしれない美しい場所で。 写真:SUNCloud.  ]

WTK-840
[ WE LOVE KOHBARU 写真:SUNCloud.  ]

WTK-1009[ 6組のアーティストのライブのほか、川原のお母さんたちがホストとなってきりたんぽ作りのワークショップや長崎県内で「安全でおいしい」食材や料理を提供する16店舗の飲食店も参加者を楽しませた。 写真:SUNCloud.  ]

---------------------------

Hidamari_CDJKT-1ミニアルバム『ひだまり』はパタゴニアの直営店にて販売中(オンラインショップは7月中旬より販売開始)。売り上げの10%が石木川や川原に暮らす人々のために使われます。

パタゴニアは今年6月に、東田トモヒロ氏を招いてミニライブと川原の自然とともに暮らす人たちを描いた映画『プロテクターズ・オブ・ファイアフライ・リバー(ほたるの川のまもりびと/パタゴニア特別限定版)』の上映ツアーを長崎県内8箇所で実施。7月には同映画も含めた「グランテッド・フィルム・フェスティバル」を全国25か所で開催中。7月13日大阪会場と21日福岡会場では東田氏のミニライブも行います。

画像 今日 7-10-26

画像 今日 8-31-45[ 6月に長崎県内8か所で開催されたパタゴニア 福岡との合同企画「東田トモヒロ Special mini Live & Take Action Theater 長崎ツアー」。 上下写真:junpei nakayama ]

 
東田 トモヒロ

1972年熊本⽣まれ熊本市在住。旅とサーフィンとスノーボーディングをこよなく愛するシンガーソングライター。2003年メジャーデビュー以来、『LOVE&FREEDOM』をメッセージし続けている。持ち味でもあるエネルギーに満ちたステージパフォーマンスで、ソロライブだけでなくこれまでに⼤⼩問わず数多くの⾳楽フェスティバルに出演し、ピースフルな空間を作り出して来た。⾃然に寄り添った暮らしや旅の中から紡ぎ出される飾り気の無い等⾝⼤の楽曲は、全国各地においてたくさんのファンを魅了し、⻑く愛され続けている。

福島県南相⾺よつば保育園の⼦どもたちに九州から季節の野菜や果物・穀物などを届けるプロジェクト「change the world」と、熊本の復興⽀援活動チーム「ハレルヤ熊本」の代表を務める。

www.higashidatomohiro.jp

関連記事

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...