« チリの偉大な日:トンプキンス・コンサベーションが歴史的な国立公園誓約に署名 | メイン | アングラーに非ざる者の手記 »

まだ見ぬ水平線の彼方へ  

by 内野加奈子

IMG-Hoku 5

私が〈ホクレア〉という名のハワイの伝統航海カヌーの存在を知ったのは、海の魅力に惹かれ、週末ともなれば、伊豆や三宅島に通っていた学生時代のことだった。友達が手渡してくれた1冊の本に描かれた、星や月、波や風を読み、水平線の彼方の島を目指す伝統航海の世界。人はこんなにも深く自然を理解することができる。人と自然のかかわりに興味を持っていた私にとって、ホクレアは新しい扉を開く大きなきっかけになった。

ハワイ大学に進むことを決めた私は、2000年の6月9日、小さなスーツケースひとつでホノルルに降り立ち、その翌日、ホクレアの停泊する桟橋に向かった。初めて見る伝統航海カヌー、ホクレア。そのカヌーはひっそりと静かに美しく、海の上に浮かんでいた。桟橋にはクルーたちが忙しく行き交い、近くを通りがかった一人が、これからカウアイ島に向う準備をしてるんだ、と教えてくれた。カヌーの上には、伝統航海術師のナイノアの姿も。しばらくして、カヌーから下りてきたナイノアが足を止めてくれた。「伝統航海に興味があります」 どこから来たとも知れない外国人のその言葉を、ナイノアは真っすぐな眼差しで受けとめてくれた。今日まで続くホクレアとの関わりのはじまりの一日だった。

0-R0010092

ホクレアは大きな航海から戻るごとに、陸にあげられ、すべてのパーツを取り外して、修繕作業に入る。釘を1本も使わず、ただロープを使って括られた甲板やマストを船体から外し、海水や太陽の光でダメージを受けた部分を丁寧に補修していく。すべてボランティアの手で進められる修繕作業、私も大学に通いながら、授業が終わるとすぐにホクレアに向い、夜遅くまで、他のクルーたちと一緒に作業した。そうして少しずつ、船のしくみを覚え、航海の話を聞き、ときには小さなカヌーで夜の海に漕ぎ出て、星や月の動きを習ったりした。「僕は、情報をあげることはできるけれど、知識をあげることはできない。機会をあげることはできるけれど、経験をあげることはできない」 ナイノアはそう言って、ときに優しく、ときに厳しく、すべては自分次第ということを教えてくれた。

Nainoa_Kana_2

8つの島々からなるハワイ諸島の間で、いくつもの航海を重ねた後、2004年、ハワイからミッドウェイ諸島に向けた長距離航海に参加。続く2007年、ハワイからミクロネシアを経由して日本を目指す、5か月の航海に参加することになった。ハワイから日本まで、航海術の師、マウ・ピアイルグの故郷でもある、ミクロネシアの島々を訪ねながらの1万3千キロの航海。様々な物語を生み出しながら航海を続けたホクレアは、2007年4月、沖縄に到着。その後、日本各地を巡り、6月9日、最終目的地、横浜に入港した。私にとっては、2000年にハワイに降り立った日から、ちょうど丸7年目にあたる日、ひとつの旅が終わろうとしているなか、新しいはじまりに立っている感覚に包まれた不思議な一日だった。

Hokulea_okinawa

日本への航海を無事に終えたホクレアは、世界を巡る航海への準備をスタート。2014年に出航し、3年間かけて、4万6千キロもの海をわたり、世界150カ所以上の港に立ち寄った後、今年の6月にハワイに帰ってきた。出迎えに集まった数万人の人びとに見守られるなか、ホクレアはまた、新たな歴史を刻んだ。

ハワイ-日本航海から、ちょうど10年の節目。6月24日には、瀬戸内でホクレア日本航海10周年を記念したイベントも、大盛況のもと開催された。このタイミングで、絵本『星と海と旅するカヌー』を刊行。まだ見ぬ水平線の彼方に、星や太陽や風や波と共に旅した人々の物語。ホクレアの航海を通じて、私が見てきた世界、体感してきた世界を、イラストレーターの山崎由起子さんが見事に描き出してくれた。大海原の生きものたちや、空から見たカヌー、星空の海、嵐の海など、ページをめくるたびに、はっとするような情景が広がる。巻末の星やカヌーの解説、ホクレアのダイアグラムや航海術の基本など、盛りだくさんの1冊になった。

IMG_7721 2

「あなたは何を大切にし、どこへ向っていく?」 日本各地で、そんな問いかけをしたホクレア。これからの10年、私たちはどこへ向っていくのだろう。自然に支えられ生きていることを忘れたかのような社会。異常気象や温暖化、大気や海の汚染、資源の枯渇……守られた大地はなく、水や空気でさえ、当たり前のように、いつも安全で安心できるものとは限らなくなってきた。約束された未来はどこにもない。変化しはじめた大きな自然の動きは、もう変えられないところまできているのかもしれない。風の向きは変えられない。うねりの向きも変えられない。けれど、だからといって、私たちは、ただ翻弄される必要もなく、向う先なく漂流する必要もない。私たちはいつだって大きく帆を開き、舵を切ることができる。変えられないことを受け入れ、変えられることを知り、行動することを選ぶことができる。

IMG_6270 22

感覚を研ぎすまして日々の変化を感じ取り、自分たちのできうるすべてを使って、まだ見ぬ水平線の向こうを目指すことができる。自然と共にある悦びを味わい、感覚を使って生きることを楽しみ、日々、同じ船に乗る人々に思いを向けていくことができる。ホクレアという小さなカヌーは、そんな航海そのものが、かけがえのない時間なのだと教えてくれている気がしてならない。

[ 全写真:Kanako Uchino ]

 

内野加奈子

海の学校主宰。ハワイ大学で海洋学を学び、ハワイ州立海洋研究所で、サンゴ礁モニタリングに携わった後、日米の教育機関と連携して、自然をベースにした学びの場づくりに取り組む。伝統航海術師マウ・ピアイルグ、ナイノア・トンプソンに師事し、海図やコンパスを使うことなく、星や波など自然を読み航海する伝統航海カヌー<ホクレア>の日本人初クルーとして、歴史的航海となったハワイ―日本航海をはじめ、数多くの航海に参加。土佐山アカデミー理事。著書『ホクレア 星が教えてくれる道』(小学館)は高校教科書に採録。絵本『星と海と旅するカヌー』(きみどり工房)を2017年6月に上梓。

絵本『星と海と旅するカヌー』公式ページ  http://hoshiumi.official.ec

関連記事

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...