« 海が変えた僕の人生について | メイン | まだ見ぬ水平線の彼方へ   »

チリの偉大な日:トンプキンス・コンサベーションが歴史的な国立公園誓約に署名

Top
3月、私たちはクリスとダグ・トンプキンスの信じがたい偉業を祝いました。それは100万エーカーの公園土地をチリ政府に寄付する誓約で、これは私有団体が国にした史上最大の土地の寄付です。チリの大統領ミシェル・バチェレはプマリン公園とパタゴニア公園を含む5つの新たな国立公園を設立し、さらに3つの公園を拡張するために、追加として政府所有の900万エーカーを誓約しました。

プマリン公園におけるこの小さな協定への署名儀式には、イヴォンとマリンダ・シュイナード、リックとジェニファ・リッジウェイ、ジミー・チンも参加しました。一行は故夫であり自然保護のパートナーであったダグが妻にちなんで名付けたセロ・クリスティンを登るためにパタゴニア公園を訪れていましたが、この署名儀式のために寸前でルート変更をしました。

【 チリに1,000万エーカー以上の新たな国立公園を作る誓約書に署名するチリ大統領ミシェル・バチェレとクリス・トンプキンス。写真提供:チリ政府 】

1960年代のイヴォンとダグによるパタゴニアへの最初の旅にはじまり、古い羊牧場のフェンスを撤去するためにボランティア活動を行った社員、チリで起きている良好な仕事についての刺激的なストーリーをシェアした映画製作者、ランナー、探索者まで、パタゴニア公園はパタゴニア社と何十年もにわたって関わり合ってきました。

この極めて重要な瞬間、近いそして遠い過去を振り返り、このプロジェクト、そして私たちの生涯における最大の公園設立努力を支援した人びととこのキャンペーンについて懐古しましょう。

Kris【 署名儀式で集まった人びとに挨拶するクリス・トンプキンス。写真:Jimmy Chin 】

「チームの面々、政府高官、ベンチュラからの一行、そして地元の消防団といった150人の顔ぶれがプマリン公園本部で半円を成した。クリスとバチェレ大統領が署名のために手に手をとって道を歩いていったとき、全員が涙せずにはいられなかった。私も含めて。私は決して泣かない人間なのに」

—イヴォン・シュイナード(パタゴニア創業者)、2017年3月

150【 チリの歴史的な日を祝う。写真提供:チリ政府 】

「これは故夫ダグ・トンプキンスとともに20年以上、世界中で生態学的に最も多岐にわたって美しい景観を、このチリとアルゼンチンのパタゴニア地域の手つかずの自然を将来の世代もつづけて楽しめるよう、開発から守ってきたクリスにとっての巨大な試金石を意味します。トンプキンス夫妻の辛抱強さと情熱は世界中の隅々における自然保護の努力と同様、ここアメリカでベアーズ・イヤーズやその他の公共の土地を守るために闘う私たちへの非常に大きな鼓舞となります」

—ローズ・マーカリオ(パタゴニアCEO)、201年3月

Guanaco【 ヴァレ・チャカブコのグアナコ。写真:Colin Pile 】

「ヴァレ・チャカブコを国立公園にしようと考えはじめたとき、そこは何年もにおよぶ羊の過放牧で荒れていました。それ以来、世界中からのボランティアが64oキロ以上のフェンスを撤去し、自生のグアナコが自由に徘徊できるようにしました。コンドルとピューマの個体数は増え、絶滅の危機にあったゲルマジカも復活しはじめました。そしてさらに想像し得なかった成功のストーリーもあり、それはまさにクリスとダグ、そしてこれらの公園の設立のおかげです」

—マリンダ・シュイナード(『Family Business: Innovative On-Site Child Care Since 1983』英語版)共同著作者)、2017年3月

Map【 パタゴニア公園の地図をおさらいするイヴォン・シュイナードとクリス・トンプキンス。写真:Jimmy Chin 】

「モンドロス・ビーチで隣に住んでいた10代のサーファー少女だったころからクリスを知っていた私は、彼女をとても誇りに思った。彼女はパタゴニアが急成長していた初期の混乱の時代にCEOを勤めていた。ダグのことは15歳で高校を中退し、ガンクスで私たち悪ガキ仲間と登攀を学んでいたころから知っていた。この2人の不良/起業家の友人がチリに新たな1,100万エーカーの国立公園を作ったことは、前例のない歴史的な出来事だ。比較すると、イエローストーン国立公園は230万エーカーしかない」

—イヴォン・シュイナード(パタゴニア創業者)、2017年3月

5【 イヴォン・シュイナード、リック・リッジウェイ、クリス・トンプキンス、ジミー・チン、マイキー・シェイファー。写真:Joanne Dornan 】

「クリスと夫のダグはこの公園を個人からの寄付金と社会奉仕で作った。だからさらに土地を買収し、1つか2つの橋を作るというのはどうだろう……だが僕はダグが以前に女性衣料品会社エスプリのオーナーだったとき、机の上に掲げていたサインを思い出した。「まずコミットし、それから道を探る」」
—リック・リッジウェイ(パタゴニア・パブリック・エンゲージメント副社長)、2015年6月

YandD【 『180°South』を撮影中のイヴォンとダグ。写真:Jeff Johnson 】

「複数のフェリーを乗り継ぎ、未舗装の道を2日ドライブしたのち、僕らはパタゴニアの遠隔地にあるエスタンシア・ヴァレ・チャカブコに到着した。パタゴニア・ランド・トラストの一部としてクリス・トンプキンスは昔の羊/家畜牧場を2004年に購入した。過放牧によって土地は荒れたため、家畜はすべて移動させられていた。目標は健全な土壌を復活させ、17万エーカーの山と渓谷を縫い走る720キロのフェンスを撤去し、野生動物のために回廊を解放することだ。パタゴニア社はここで3週間のフェンス撤去のボランティア活動を社員に奨励するプログラムを設けている。その経費は全額を会社が支払う。マコヘ、キース、イヴォン、そして僕も、僕らの時間をその仕事にあてるためにここにやって来た」

—ジェフ・ジョンソン、2011年5月(著作『180° South』より抜粋)

Volunteers【 仕事の完成を祝うパタゴニア社員のボランティアたち。写真:Nico Sala 】

「滞在の前半の使命は公園の一区画から外来植物を除去することで、アザミ、ラムズイヤー、ドグゼリがおもなターゲットでした。これらの植物の種は家畜や車両によって運ばれ、道路脇に散らばる傾向にあります。紫のアザミの花とラムズイヤーの黄色の花は見つけやすいのですが、私たちを参らせたのは、つきることのない背丈の高い繊維性のドグゼリでした。ドグゼミの林を駆逐するために1時間費やしたあと、角を曲がるとすぐ先にまた6メートル幅の林があったりしました」

—コリン・パイル&アリソン・ケルマン(パタゴニア社員)、2014年5月

Fence【 ボランティアによって撤去されることになる古い牧場のフェンス。写真:Andy Mitchell 】

「僕らが次の3週間のほとんどを過ごしたのはアンデス氷河と氷原を望むことができる場所だった。フェンスの撤去に時間の一部を費やすことは予期していたが、一度に何日も長い区画を完全に任されるとは思っていなかった。僕らは杭と鉄線を抜いては巻き、すべてを山積みにする作業に何時間も費やした。爪の下、耳の中、髪の毛と背中は泥まみれになった。日焼けし、虫に刺され、いがまみれになった。ネスカフェとマトンとチーズのサンドイッチで腹ごしらえをし、マテ茶とワインとピスコとビールを飲んだ。夜は笑いと筋肉痛によるうめき声に満ちていた」

—アンディ・ミッチェル(パタゴニア社員)、2007年3月

Luke【 トレイルランニングと自然保護の映画『マイル・フォー・マイル』撮影中のルーク・ネルソン。写真:James Q Martin 】

「突風が吹き、ヘネラル・カレーラ湖畔に打ち寄せる水がしぶきを上げる。目を閉じて立っている僕の日焼けした頬に噴霧がひんやりとする。目を開けるとパタゴニアはまだちゃんとそこにある。まるで夢のようだ。長年この場所を目にすることを夢見てきた。そしていま、僕はここですっかり圧倒されている。どんなところなのか、どんな匂いがするのか、どんなふうに感じるのかを何度も繰りかえし想像してきたパタゴニアは、まったく想像以上の場所だ。運転、空港、飛行、空港、ギアの積み込み、そしてまた運転に費やした39時間は霞のように過ぎ去り、いま静けさのなかに聞こえるのは湖に吹く風の音だけ」

—ルーク・ネルソン(パタゴニア・アンバサダー)、2014年12月

Mileformile【 『マイル・フォー・マイル』撮影中にヴァレ・エルモソのたくさんの冷たい徒渉の一つ目をかわすルーク・ネルソン、ジェフ・ブラウニング、クリッシー・モール。写真:James Q Martin 】

「このセクションの景観は壮大で、互いに「あそこを見て!」、「クレージーだ!」、「信じられない場所だ!」などと叫びあうしかなかった。山でランニングをすると、多くの特別な野生の場所に行くことができるが、ここは言葉では表現できない。いつの日か子供をここに連れてくることを願っている」

—ジェフ・ブラウニング(パタゴニア・アンバサダー)、2015年3月

Pumalin【 プマリン公園。写真:Linde Waidhofer 】

 

訪問しよう

プマリン公園パタゴニア公園は冒険好きの旅行者に多くの探検、野生動物観察、学習、そしてくつろぎの機会を提供します。両公園とも通年開いていますが、温かく日照時間の長い10月から4月が訪問に最適です。プマリン公園とパタゴニア公園のウェブサイトで詳細を学び、ぜひ訪問を計画してください。

 

関連記事

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...