« 2014年10 月 | メイン | 2014年12 月 »

サーフィン、フィッシング、トレッキング……私たちのアウトドアアクティビティと日本の9万基のダム問題

by eコマース(丘、福島、森竹)

野営ー大a【美しい星空の下。その野営地に立ちはだかる砂防ダム】

皆様は「砂防ダム」という言葉をご存知だろうか。上の写真が砂防ダムである。トレッキングやフライフィッシングやキャンプなどに出かけたとき、一度くらい目にしたことがあるのではないだろうか。

砂防ダムは日本全国に約9万基ある。その圧倒的な数の存在とそれがもたらす悪影響を、私たちはあまり知らずにいた。滝のようなその姿の人工物を砂防ダムと呼ぶということを知ったのは、環境インターンシップ・プログラムを利用してサポートしている<渓流保護ネットワーク・砂防ダムを考える>の田口さんとお会いしてからだ。前述したように砂防ダムは日本全国に約9万基あり、その建設目的は土砂を貯め、災害を防止し、下流にある貯水ダムの堆砂を防ぐことにある。小学校では砂防ダムは土砂災害を防止するものであり、人びとの安全を守るためだと教えられる。一基の建設に数百億ほどもかかり、村をまるごとつぶしてしまうような貯水ダムとは違って、数億から数十億程度で建設できる砂防ダムは一基の予算が低く、貯水ダムのように問題が表面化されにくい。だがそれゆえにおびただしい数が建設されるため、環境や私たちの生活への悪影響という点では砂防ダムも見過ごせない。

続きを読む "サーフィン、フィッシング、トレッキング……私たちのアウトドアアクティビティと日本の9万基のダム問題" »

「ダムが爆破されて、魚が戻ってきたときの光景ほど、人生で達成感を感じた瞬間はない」

by マット・シュテッカー

DSC05655

ダムネーション』がついに先週末の11月22日(土)、渋谷アップリンクでデビューしました。この3連休、映画を見に来てくださった皆様に、そして前日21日(金)に開催したプロデューサー、マット・シュテッカー来日トーク&特別先行上映会にご来場いただいた皆様に感謝します。

21日は上映後、プロデューサーのマット・シュテッカーと辻井隆行(パタゴニア日本支社長)、また参加者とのQ&Aが短時間ではありましたが行われました。

【 全写真:パタゴニア日本支社 】

続きを読む "「ダムが爆破されて、魚が戻ってきたときの光景ほど、人生で達成感を感じた瞬間はない」" »

『ナショナル・ジオグラフィック』が2015アドベンチャー・オブ・ザ・イヤーを発表

11月6日、『ナショナル・ジオグラフィック』は10年目を迎えるアドベンチャー・オブ・ザ・イヤーの受賞者を発表しました。「選ばれた人たちは皆、探検、アドベンチャースポーツ、保護、人道主義等において注目すべき偉業を成し遂げました」 受賞者のうち4名はパタゴニア・ファミリーのメンバー。これ以上ないくらい最高に幸せなことです。

また、その受賞者のなかのひとり、ベン・ナイト、トラヴィス・ラメル、マット・シュテッカーが制作した映画『ダムネーション』は、今週末11/22(土)渋谷アップリンクを皮切りにいよいよ日本で公開となり、明日11/21(金)にはプロデューサーのマット・シュテッカー来日トーク&特別先行上映会も開催されます。

 

Tommy
トミー・コールドウェル:パートナーのアレックス・オノルドと、セロ・フィッツロイと周囲の6峰を含む7峰から成るフィッツ・トラバースを完全縦走。セロ・フィッツロイ山群の稜線はパタゴニア社のロゴに使われている。インタビューはこちらから。Photo: Mikey Schaefer

 

Dam
ベン・ナイト、トラヴィス・ラメル、マット・シュテッカー:映画『ダムネーション』を制作。インタビューはこちらから。Photo: DamNation Film

続きを読む "『ナショナル・ジオグラフィック』が2015アドベンチャー・オブ・ザ・イヤーを発表" »

ベネフィット・コーポレーションについての最新ニュース:パタゴニアがスコアを116に向上させて「Bインパクト・アセスメント」に合格

by エリッサ・ローマン

Top

アウトドアへの情熱をもつパタゴニアは、最も献身的なアスリートのために最高の製品を作ることを理想とする傍らで、私たちが住む地球とコミュニティへの影響を削減する努力も重ねています。そしてこのアウトドアへの情熱が私たちのビジネス、製造する製品、追求する環境イニシアチブとどのように密接に関連しているのかについて明確に伝えるのはときとして困難です。究極的には、大切なのは、私たちが自然資源や人間と地球との繋がりを保護することに一役買うことです。私たちはこれを達成するために最善を尽くし、私たちのビジネスが与える影響について透明性をもちつづけることを目指して努力しています。

【 写真上:パタゴニアがカリフォルニア州ではじめてB認証にサインした会社となったあと、短いスピーチをするイヴォン・シュイナード。カリフォルニア州サクラメント 写真: Patagonia Archives 】

続きを読む "ベネフィット・コーポレーションについての最新ニュース:パタゴニアがスコアを116に向上させて「Bインパクト・アセスメント」に合格" »

赤い脛

by クレイグ・ホロウェイ

1

今年2月、僕は土地の購入と保全地役権の取得によって緑地を保護する非営利団体〈オーハイ・バレー・ランド・コンサーバンシー(OVLC)〉でボランティアをはじめた。この団体はオーハイ・バレーに数々の保護地区を有し、バレー・ビューは最新のそれだ。〈OVLC〉のボランティアはすでにバレー・ビューに2つのトレイルを設置し、いまルーシーズ・トレイルを建設している。ここをハイキング中にボランティアのビル・ブラザーズと出会い、彼からルーシーズ・トレイル建設に人手が必要なことを聞いた僕は、いつからはじめられるかと尋ねた。

初日、保護地区のマネージャーのリック・ビサチアは僕ら6人を生い茂ったポイズン・オークの伐採に充てた。1人のボランティアがチェーンソーで枝を切り、Tシャツとショーツだけの僕がそれを熊手で脇に追いやった。2日後、赤い腫れモノが腕と脛に出現しはじめ、それから背中と顔にも広がった。このかゆい皮膚炎は1か月もつづいた。

[ 写真上:お気に入りのルーシーズ・トレイル。カリフォルニア州オーハイ・バレー。写真:Craig Holloway ]

続きを読む "赤い脛" »

私たちの食物連鎖を再考する

文書名 _yvon
工業農業、近代化学、ハイテク加工により、私たちが食べる方法が変わってきました。そしてその方向は、必ずしも良いものではありません。パタゴニアが信じるその解決策とは、人にとっても地球にとってもより良い方法で作られたシンプルで美味しい食品に戻ることです。パタゴニア・プロビジョンの製品と、食品産業により肯定的な変化をもたらすための私たちの取り組みについてはこちらをご覧ください。

【 ツァンバ・スープを作るイヴォン。モンタナ州ベアツース山地。写真:RICK RIDGEWAY 】

続きを読む "私たちの食物連鎖を再考する" »

ダウンの真相:パタゴニアが100%トレーサブル・ダウンを発表

Traceable Down_1

今シーズン(2014年秋)より、パタゴニアのダウン製品にはトレーサブル(追跡可能な)・ダウンを100%使用します。これはパタゴニアのダウン製品すべてが強制給餌やライブ・プラッキング(生きたまま羽毛採取)を行われた鳥によるものではないことが追跡可能であることを意味し、追跡不可能なダウンの混入は一切ありません。トレーサブル・ダウン基準はアパレル業界において最高レベルの動物福祉を保証します。パタゴニアは2007年から取り組み、それを達成した唯一のブランドです。

アートワーク:ジェフ・マクフェトリッジ

続きを読む "ダウンの真相:パタゴニアが100%トレーサブル・ダウンを発表" »

解決策シリーズ・パート7:投票しよう!

by アニー・レオナード、『The Story of Stuff』プロジェクト

2014年11月4日(米国時間)はアメリカ国民による中間選挙の投票日です。パタゴニアはクリーンかつ再生可能なエネルギー、きれいな水/空気の復元、危険な高炭素の化石燃料からの離脱を推進する候補者や、未来と地球のために行動するリーダーを支援します。

投票は誰もが行使できる権利で、票は私たちの声を轟かせる媒体です。

今回の解決策シリーズでは、『The Story of Stuff』プロジェクトの創始者アニー・レオナードが投票することの重要さ、特に投票率が低い中間選挙の重要さについて執筆してくれました。

Todd_Gilloon

「良い市民は自分以外の人と問題について興味を持つ… 彼らは自分を教育し、ボランティア活動をする。人の意見に耳を貸す。そして長期的な視野を持ち、投票する」
–マサチューセッツ州知事デヴァル・パトリック

1990年、私は初めて民主的に大統領を選出した直後のハイチを訪れました。ポルトープランスの通りではハイチ人は投票所に入った印であるインクのついた親指を誇らしげに見せてくれました。彼らは投票できることを喜び、2週間が経ってもインクを洗い落としていませんでした。

大統領選挙に投票する有権者の率が60%のアメリカとは対照的です。連邦議会を選出する11月の中間選挙の投票率はわずか40%です。オーストラリア、ベルギー、チリなど10人に9人が投票する国と比較すると、ひどい数字です。

[ アートワーク(上):Todd Gilloon作「Besties」は投票を促すためのクラウドソーシング・プロジェクトの一部。収益はアーティストと〈HeadCount〉へ ]

続きを読む "解決策シリーズ・パート7:投票しよう!" »

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.