« 2014年1 月 | メイン | 2014年3 月 »

脱原発をめざす首長の輪:第七首「市民の命のために原発に頼らない社会を」

by 中川智子(宝塚市長)

Go_renewable

「宝の塚」

2014年宝塚市は、宝塚歌劇100周年、市制60周年、市立手塚治虫記念館20周年のトリプル周年にあたります。この記念の年を盛り上げようと、宝塚駅前や花のみち周辺には「祝・宝塚歌劇100周年」と書かれた目にも鮮やかな赤色のバナーと、「祝・宝塚市制60周年」と書かれ、市の特別観光大使であるかわいい「サファイヤ」が微笑む白色のバナーがお目見えしています。ところで、「宝塚」の地名の由来はご存知でしょうか。その昔、この地にある古墳にお参りした村人に幸福が訪れるようになり、「宝の塚」と呼ばれるようになったことが由来です。現在でもこの宝塚にお越しいただいた方、すべてに幸福が訪れるといいなと思っています。

女性首長

少し脱線しますが、私は2013年4月の選挙で再選を果たすことができた現在2期目の市長ですが、全国に女性の首長はどのくらいいるか、ご存知でしょうか。答えは、わずか23人(2013年4月時点)。自治体の数を1800とするとわずか1%程度です。宝塚市職員の女性管理職の割合を見てみても20%程度。国全体でも法整備が進んでいますが、宝塚市でも「男女共同参画宣言」を行い、「男女共同参画プラン」を定めています。経済政策の面でも女性の社会参加が今後ますます求められています。子育てしながら仕事をつづけられる社会の仕組みももちろん大切です。女性首長として、積極的に情報発信しながら女性の社会参加のリード役も使命も担っていると最近とくに感じています。

続きを読む "脱原発をめざす首長の輪:第七首「市民の命のために原発に頼らない社会を」" »

映画『ダムネーション』いよいよ封切り

by  トラビス、マット、ベン、ベダ

6a00d8341d07fd53ef01a73d6e9eee970d-500wi

10, 9, 8, 7… 『ダムネーション』封切りの秒読み開始です。3年におよぶ企画、調査、撮影、そして編集を経て、ついに完成した映画『ダムネーション』が、テキサス州オースティンで開催されるサウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)にて、3月10日(月)にデビューすることをお知らせできることを、大変うれしく思います。

このプロジェクトをご存知ない方へ:

このパワフルな映画は、アメリカという国の姿勢/態度の変化を探求して、アメリカ全土を旅した記録です。そこには、巨大ダムという工学の驚異への誇りから、私たちの未来が川の活力と健康と結ばれているという高まりつつある認識まで、さまざまな姿勢/態度があります。ダム撤去はフィクションの物語に登場する『モンキーレンチギャング』だけの仕事ではなくなりました。不要なダムが撤去されると、川は甦り、サーモンをはじめとする野生の魚たちが何十年も行くことのできなかった原始の産卵場所に戻る権利を得られます。『ダムネーション』の壮大な映画の撮影技術と予期せぬ発見は、ダムによって変えられてしまった川や景観だけでなく、自然界を征服することから、私たちが自然の一部であることへの認識まで、さまざまな価値観の変容をも映し出します。

[写真上:映画『ダムネーション』の公式ポスター。クリックして大きな画像を表示]

続きを読む "映画『ダムネーション』いよいよ封切り" »

パタゴニア京都:エネルギーと環境に配慮したデザインにおけるリーダーシップ(LEED)ゴールド認証を取得

新風館外観

パタゴニアは京都ストアのオープンにあたり、米国グリーン・ビルディング協会 (USGBC) から<エネルギーと環境に配慮したデザインにおけるリーダーシップ (Leadership In Energy and Environmental Design / LEED) >の認定を受けることを目指して、高い環境基準を設定しました。そして建材や機器の調達から設計や施工中の室内環境、さらに廃棄物処理にいたるまで、徹底的に環境に配慮することで、2014年1月にLEED-CI(Commercial Interior/商業施設の内装)ゴールド認証を取得しました。

USGBCとは「グリーン・ビルディング」評価システムを確立するために、1990年代末に建設産業のあらゆる分野のリーダーで構成された連盟組織であり、LEEDは建造物の環境性能を評価し、環境の持続可能性目標を満たすためのあらゆる枠組みを提供しています。現時点でLEED認証を取得している商業)建築物は、アメリカ中心に世界各国で20,000におよびます。  

パタゴニアは1996年にリノ・サービスセンターを建てました。シンプルな構造と実用的なデザインのサービスセンターには、パタゴニア製品を世界中に配送するために必要なものが保管されています。2006年にはサービスセンターを2倍の広さに拡張。その際、環境に与える影響をさらに軽減させるための数々の努力をし、LEEDゴールド認証を取得しています。

【大正15年に建築された旧館側からの新風館。パタゴニア京都が入居しているのはこの1階部分】

続きを読む "パタゴニア京都:エネルギーと環境に配慮したデザインにおけるリーダーシップ(LEED)ゴールド認証を取得" »

好きな場所で暮らし、暮らしている場所を愛す

by 古瀬 和哉 (パタゴニア・スキー・アンバサダー)

TAK1308_1277

自然と一体になる感覚が好きで長いあいだこの遊びに夢中になっている。ただ単純に面白くて気持ちがいいし、スキーをつづける理由はたくさんあるが、それだけで滑りつづけ、情熱を注ぎつづけることはできない。

この遊びの本質は何だろうと考えはじめたとき、ターンの仕方やスプレーの上がり方、トリックの形などは別にどうでもよくなり、旅をすることこそが最も重要な行いだと思えた。本当に必要な物だけを持って、不便な旅先で何を見て、何を感じ、何を想うのか。そしてどんな人と出会い、一緒に滑るのか、それが結果として滑りに表れる。あるときそう感じて、いままで色んなところで、その土地のローカルたちと滑ってきた。20代のスキーバム時代に経験したことは、いまの自分のスキーに大きな影響を与え、さらには人生についても多くを学ぶ時間となった。

[ ニュージーランド、ブロークンリバーにて 写真: Takahiro Nakanishi ]

続きを読む "好きな場所で暮らし、暮らしている場所を愛す" »

イヴォン・シュイナードとパタゴニアとのテンカラ体験

by ジェス・マグラスリン(Fire Girl Photography)

Top


モンタナ州グレート・フォールズから飛び立とうとする飛行機に足を踏み入れるやいなや、10分もしないうちに私の腕時計の電池が切れた。

これは変化への予兆だと、そのとき気づいてもよかった。

私はミズーリ・リバーでのプロジェクトで徐々に奇妙になっていった生活をあとにして、ソルトレイク、そしてジャクソンホールへと向かう飛行機に乗った。次の仕事は、アイダホ州アッシュトン近くで開催されるパタゴニアのウィメンズ・フライフィッシング製品に関するプレスイベントの取材。でも飛行機に乗った私は体調が悪く、ストレスもたまっていて、とにかくものすごく疲れていた。

だがその48時間後、私はアイダホの川でウェーディングしながらイヴォン・シュイナードとテンカラ釣りをしていた。今日のイヴォンはアウトドア用品販売業界の父といっても過言ではない人物で、その日の私は近年感じたことがないほど気分がよかった。パタゴニアのチームから「YC」の愛称で呼ばれている彼は、1972年に〈シュイナード・イクイップメント〉として事業を興したという。辛抱強く、語りはもの静かで、驚くほど知識にあふれた、昔かたぎの紳士。そして彼の言葉は、本当に疑いなく名言ばかりだ。

続きを読む "イヴォン・シュイナードとパタゴニアとのテンカラ体験" »

サーフィン・アンバサダーの冬休みの読書感想文2:僕の知らないサーフィン

by 進士剛光

DSC_0059

ミッキー・ムニョス著『NO BAD WAVES(悪い波はない)』を読んだ。文章に写真に迫力があり、そして観たこともないような、聞いたこともないようなストーリーがちりばめられていた。本当に刺激のある時間を体験した。そして、サーフィンというもの自体には、一サーファーとして自分が頭のなかで考えていたことをはるかに超える実際の話があることに驚いた。

僕は小さなころ、物心つく前から父の影響でサーフィンをしてきた。地元でのさまざまなコンディションの波はもちろん、コンテストで日本中を駆けめぐり、海外にもコンテストのため足を運び、そして雑誌の取材でトリップに行ったり、ノースシーズンのハワイも経験したつもりだった。サーフィンについて、さまざまな側面から関わり、そして楽しんできたつもりだった。だがこの本を読んだあとに残ったのは、まだまだ本当のサーフィンというものに出会っていないんじゃないか、もっと海と対話する時間をもつべきであり、まだ答えを出すのは早いんじゃないか、という気持ちだった。これまで以上に、けれどもいまと同じようにサーフィンしていくことにプラスして、海とのコミュニケーションにも色々な方法があり、もっと自然を感じて、対話することができるんじゃないかと、あらためて思った。

[ 父も乗ってきた伊豆大浜でテイクオフ 写真:Yuki Shinji ]

続きを読む "サーフィン・アンバサダーの冬休みの読書感想文2:僕の知らないサーフィン" »

解決策シリーズ・パート3:行動する

by アニー・レオナード、『The Story of Stuff』プロジェクト

Annie-320wi数か月前、私たちはパタゴニアのコミュニティと解決策についての対話をはじめ、それが最も必要とされる3つのレベルを定めました——コミュニティ、ビジネス、政府です。前回は家庭にいちばん近い場所、つまりコミュニティにおける解決策について協議しました。今回ご紹介するのは腕まくりをして行動するための連絡先です。



私たちの現行のシステムは非常に混乱していますが、そのなかにも唯一の利点があります。それは変化をもたらすために行動する方法がいくつもあるということです。実際、その選択肢は多すぎて、どこから着手すべきか分からないかもしれません。私のお勧めは、皆さんそれぞれの情熱にしたがうことです。庭いじりが好きな人はグループを作って、空き地の返還をうながしてコミュニティ・ガーデンを作るのはどうでしょう。教育に情熱を抱く人は地元の学校をグリーンにするボランティアをして、スチームクリーニングなどのアクティビティに子供たちを巻き込むのもいいでしょう。自転車が好きな人はサイクリング仲間を集めて自転車レーンを作るなど、スキルや情熱を地元コミュニティと分かち合っていれば、その分野は何でもいいと思います。



コミュニティを基盤とする解決策の美点は、すぐにはじめられるということです。友人を誘って着手しましょう。コミュニティにおける変革をはじめるのに全国、または国際的ネットワークの一部となる必要はないのです。その一方、ネットワークはインスピレーションや助言や失敗から学んだ教訓といったすばらしい情報源となり得ます。以下に私がお気に入りのコミュニティを基盤とする解決策に取り組むネットワークのいくつかをご紹介します。

続きを読む "解決策シリーズ・パート3:行動する" »

ダークセンダービー参戦:チェアスノーボードを持って初めて海外に飛び出した

by 辰己 博実(パタゴニア・チェアスノーボード・アンバサダー)

Mt,バチェラー最高

ダークセンダービーは、世界的に知られるプロスノーボーダーのジョシュ・ダークセンが地元、オレゴン州ベンドのマウント・バチェラーでイベントを開催したいというのがはじまり。地元やスキー場の負担にならないよう大がかりな仕掛けを使わずになるべく少ない資金でどのようなイベントを作りだせるかと考えた結果、地元有志やボランティアを募り、手掘り・手作りで小規模な連続バンクのスラロームコースを作成し、タイムを競い合うラリー形式のレースというアイデアを考案。時を同じくして、同じくオレゴン州ベンド出身で将来有望な若手スノーボーダーであるタイラー・エクルンドが競技中の事故で頚椎を損傷した。タイラーは保険に加入しておらず、膨大な治療費を自費で支払うことを余儀なくされる。これを機にジョシュは企画していた大会の目的をタイラーの治療費を集めるため、そして頚椎や脊椎損傷患者やチェアスキーの認知度を上げるためのチャリティーイベントにすることを決める。大会はさまざまなクラスに分けられており、プロ・アマ、男女、年齢別、スプリットボードやチェアスキー部門など、老若男女、健常者、障害者が一同に介して楽しい時間を共有するイベントとして誕生。2006年の初開催時は極少数の参加者に留まったものの、噂は広がり、参加者の数は年々増加、昨年の第6回大会の参加者数は全クラス合わせて100名を超えた。いまではマウント・バチェラーの冬季シーズンを代表するイベントにまで育っている。僕は2013年12月に第7回目を迎えるダークセンダービーのチェアスキー部門に参戦することになった。

[ マウント・バチェラー最高! 写真:Rip Zinger ]

続きを読む "ダークセンダービー参戦:チェアスノーボードを持って初めて海外に飛び出した" »

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.