« 2012年12 月 | メイン | 2013年2 月 »

野生動物のための橋:移動中のプロングホーンが新たに建設されたオーバーパス(高架通路)に出会った

by エミリーン・オストリンド、写真:ジョー・リース

Top

グランド・ティトン国立公園から南東約270キロにある越冬地へと移動するプロングホーン・アンテロープは、河川、フェンス、高山の峠、分譲住宅地、エネルギー開発地など多数の障害物に直面します。移動コリドーの道中でとりわけ危険なのがワイオミング州パインデールから約10キロ西にある、トラッパーズ・ポイントと呼ばれるボトルネック地帯。ここは2つの川が接近してふたたびはなれ、砂時計のような輪郭を描きながら幅約1.6キロの細長い地形を作っています。ボトルネック地帯の東半分には住宅地が広がり、ボトルネックのいちばん狭い部分はジャクソンホールとインターステート80号線をつなぐハイウェイ191号線が東西に走り、ハイウェイの両側には有刺鉄線のフェンスが張られています。

編集者記:今回はフリーダム・トゥ・ローム・キャンペーンのアップデートをお伝えします。パタゴニアのリック・リッジウェイは4年前にジョー・リースと組んで、プロングホーンの移動および移動ルートで直面する人工障害物の記録に着手しました。

2008年10月のある日、ナショナル・ジオグラフィック・ヤング・エクスプローラー助成金受給者のジョー・リースは、トラッパーズ・ポイントでハイウェイを横断する約700頭のプロングホーン・アンテロープの写真を撮影しました。それはプロングホーンの移動過程の詳細を写真で記録するという2年間のプロジェクトの一部でした。雪に埋もれたトレイルに群れをなすプロングホーンは有刺鉄線のフェンスの下をくぐり、ハイウェイを走る自動車やトラックの合間を全速で駆け抜けていました。横断後、もうひとつのフェンスでくぐれそうな場所を探していると、住宅地から来た犬が吠えかかり、慌てふためいたプロングホーンはそのまま南に走っていきました。

写真上:ワイオミング州のトラッパーズ・ポイントに新たに建設されたオーバーパスを渡る移動中のプロングホーンとミュールジカ。全写真:Joe Riis

続きを読む "野生動物のための橋:移動中のプロングホーンが新たに建設されたオーバーパス(高架通路)に出会った" »

数字で見る「壊れた川」

Top

パタゴニアの環境キャンペーン、アワ・コモン・ウォーターズの「壊れた川」のフェーズを終えるにあたり、壊れた川およびダム撤去に関連するこの2年間の活動の結果を振りかえってみました。通常キャンペーン中やキャンペーン後の成果に注目することはほとんどありませんが、このキャンペーンで全米の数千人もが懸命に取り組んだ活動の功績のリストを以下でご覧ください。

2012年に撤去に成功したダム:53
ワシントン州で撤去に成功した大規模なダム:基。ホワイトサーモン・リバーのコンディット・ダム、エルワ・リバーのエルワ・ダムとグラインズ・キャニオン・ダム
グラインズ・キャニオン・ダムの規模(すべてのダムと比較して):最大規模の64メートル
メイン州のペブノスコット・リバー・ダムで進行中の撤去作業によりアトランティック・サーモンがアクセスできるようになった川の生息地:1,600キロ
エドワーズ・ダムが撤去される前にメイン州のケネベック・リバーを遡上していたリバー・ヘリング(川のニシン)の数:20万
同ダム撤去後に遡上したリバー・ヘリングの数:3百万
ヘイスティング議員が提案したダムの撤去に連邦資金の使用を禁止する「史上最悪のダム法案」に反対して国会議員に送られたe-mailの数:8,000
地元地域を基盤とした修復プログラムとオープンリバー・イニシアティブをサポートすることを米国海洋大気庁に促すために取られた行動:10,394(2005年以降、これらの政策はダムや排水溝を撤去し、川を修復して野生魚のための通路を解放しました)
〈American Rivers〉が2012年に最も危惧される10の川のひとつに指定したチャタフーチ・リバーに無駄なダムと貯水池を建設する提案に反対して送られたe-mailの数:3,352
危険性が「高い」または「重大」と米国陸軍工兵隊が指定するダムの数:26,000基以上

詳しくはアワ・コモン・ウォーターズ・キャンペーン関連のブログ記事をご覧ください。(写真:カリフォルニア州ベンチュラ郡のマティリハ・ダムの撤去指示。「We're Just Getting Started: Elwha and Condit Establish Dam Removal Momentum」より)

3つの部屋:ブリッタニー・グリフィスのパッキング初級講座

by ブリッタニー・アン・グリフィス(BAG)

Top

奇妙に聞こえるかもしれないけれど、私はパッキングが大好き。必需品が限られるとき、たとえば50ポンドのバッグ2個とか――これはバンが運べるもの――40リットルのバックパック1つとか。あるいは機内持ち込みだけに制限されるときとか。「自分が必要だと思うもの」対「実際に持っていくもの」を決めるのは、私にとって楽しいゲームなのだ。

私のいちばん最近の旅はいつもの国内のクライミングの冒険とはちょっと違っていて、荷物はボートに積めるだけに制限された。南ユタのグリーン・リバーをボートで下り、中州でキャンプし、感謝祭のディナーを作り、砂漠の岩塔を登る旅だった。それに合わせて所持品を調整するのは厄介だ。すべてがラフトに収まらなければならないのだから。モアブからは車とボートでのアクセスに1日かかる遠隔地でもあり、必需品を忘れることは面倒なだけでなく、悲惨な旅になってしまう。旅に出る前日にJTが急いで仕事に出かけるとき、彼は私に短いリストをよこした。剪定ばさみ、斧、手斧、ウェーダー、キャメロットの#4, #5, #6を2個ずつ、そしてビール6ダース。私は斧のリクエストと、これだけのワイドクラック用のギアを要するルートを登ることと、どっちにより不安を抱くべきかが分からなかった。

[グリーン・リバーの川辺でボートに荷積みする。写真:BAGのiPhone]

続きを読む "3つの部屋:ブリッタニー・グリフィスのパッキング初級講座" »

ランシサ・リ北壁 - クライミングのある人生

by 鈴木 啓紀

3

眼下には午後の光を受けたランタン氷河がうねり、氷河を取り囲む峰々の向こうには、壮大なシシャパンマ峰の南西壁が輝いていた。ランシサ・リ峰(6,427メートル)北壁、5,700メートル地点。取り付きのシュルンドを越えてから標高差にして800メートル登ってきたこの場所で、僕は目の前の壁を見上げていた。傾斜は強い。弱点はない。黒いスラブには点々と雪が付いているが、体重を支えられるような代物ではない。弱点を探してスカスカの悪い雪壁をトラバースしてきたものの、突破口は見出せない。「行き止まり。この壁は突破できない」 アンカーまで登ってきた相方と顔を見あわせる。敗退の決断をすることに多くの言葉は必要なかった。

続きを読む "ランシサ・リ北壁 - クライミングのある人生" »

登山家のように考える

by チャリッサ・ルジャナベック

Top

イヴォン・シュイナードが私のレーダーに映ってきたのは1999年でした。

私はユタ州南部に滞在する中西部出身の若い女性で、その夏、西部の劇的な景色に驚愕していました。それまでミズーリ州の森の向うへ旅したことのなかった私は、野生の山々や砂漠や川を探索するのをとても楽しみにしていました。そしてまもなく、私は最大の情熱となったロッククライミングを発見しました。

私のクライミングの初期の先輩は、日中はバランスと繊細なフットワークを指導し、夜はキャンプファイヤーを囲んでヨセミテの黄金期の伝説的なクライマーについて話してくれました。そしてそこでサラテ、フロスト、ロビンス、プラット、シュイナードの名前が、私が登ることなど想像もできない巨大な花崗岩を登攀する神秘的ともいえる物語を通じて、生き生きと語られたのです。

[イエール大学、森林・環境学部で講義するイヴォン・シュイナード。写真:Anthony Clark]

続きを読む "登山家のように考える" »

『ディープ・ウォーター』ビデオ・シリーズ:コール・クリステンセンとのオーシャン・アドベンチャー

生活のバランスをハワイの自宅での農作業とビッグウェーブの探求で取るコール・クリステンセン。新しいショートビデオ・シリーズ『ディープ・ウォーター』は、世界中の巨大な波を追うコールと彼の友人たちをたどります。

パート2と3もご覧ください。

午前中はマウイ、そして午後にはオアフのノースショア。『ディープ・ウォーター』第2弾では、ピアフとオアフのアウターリーフで2011年最初のスウェルを追いかけた、パタゴニア・アンバサダーのコール・クリステンセンとラモン・ナバロによるダブルセッションをお送りします。

ハワイでのダブルセッションを1日でこなしたあと、北カリフォルニアの冷たい海へとスウェルを追いかけるコール・クリステンセン。『ディープ・ウォーター』シリーズのパート3では、ビッグウェーブ・サーフィンが体に与える苦痛と故サイオン・ミロスキーを偲びながら、マーヴェリックスについて語ります。

さらなるエピソードは近日公開予定です。

パタゴニアについて

HIS_rowell_b_0001
1968年、パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードと3人の仲間は、おんぼろのフォード・エコノラインにスキー、サーフィン、クライミング用のギアを満載し、ロサンゼルスからはるか遠くのパタゴニアの、細い未舗装の道の終了点を目指して南へと向かいました。そこからベースキャンプまでの残りの道を歩き、悪天候を1か月しのいだあと、フィッツロイに新ルートを開拓しました。この旅を映画にした『Mountain of Storms』はカルト的な映画となりました。

旅が終わり、イヴォンは小さな油田の街、カリフォルニア州ベンチュラにある古いブリキ小屋に設けたクライミングショップに戻りました。彼は名高いサーフスポットであるリンコンの近くにあるこの場所で、世界最高とされていたカラビナ、ピトンやその他のクライミング用のハードウェアを手作りしていました。パタゴニアはいまもここにあります。昔ブリキ小屋があった場所を囲む街の一角のほとんどを、パタゴニアのデザイン・スタジオ、アート部門、オフィス、カフェテリアと託児所が占めています。副業としてはじめたアパレル事業は、いまやアルピニズム、スキー、スノーボード、サーフィン、フライフィッシングのためのテクニカルウェアとトラベルギアの世界的なサプライヤーに成長しました。

イヴォンはこの会社を「風と岩とその場所の荒ぶれる強靭さ」にちなんでパタゴニアと名付けました。

続きを読む "パタゴニアについて" »

スキー/スノーボードウェア・セールのご案内

Snow_sale_2013

昨年1年間パタゴニアをご愛顧いただき、ありがとうございました。2013年も皆様がすばらしい時間をご家族やご友人たちとともに過ごすことができるよう、心よりお祈り申し上げます。

パタゴニアでは直営店(アウトレットストアを除く)/通信販売/オンラインショップにて、スキー/スノーボードウェアを対象としたセールを実施しています。

どんなコンディションでもパウダーを追及するハードコアなライダーたちのために最高レベルの機能性を備えたウェアをはじめ、極寒の日の滑雪に究極の快適さと保温性を提供するウェアまで、それぞれのスタイルにあわせた製品が揃っています。滑り手の熱い想いに応えるパタゴニアのスキー/スノーボードウェアをこの機会にぜひお確かめください。

<セール実施ストア>
直営店(アウトレットストアを除く)/通信販売/オンラインショップ

<対象製品>
スキー/スノーボードウェアを20%offにて販売
※在庫数には限りがあります。無くなり次第終了となりますのであらかじめご了承ください。

<オンラインショップご利用のお客様へ>
※割引価格は製品の詳細ページでご確認ください。「スキー/スノーボードウェア・セール」ページや、ショッピングカート、ご注文手続きでは割引前の価格が表示されます。
※オンラインショップでご注文手続きが完了した時点では、ご注文は確定しておりません。ご注文翌日20時頃までに、割引価格や最終的な在庫状況を記載した「ご注文のご確認」メールをお送りいたしますのでご確認ください。

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.