« 壊れた川 ~いまこそ聞こう、ダムのことを~ | メイン | 「ぐるぐる」しよう »

聖なる源流

by ポール・コランジェロ

ブリティッシュ・コロンビア北部の遠隔の山岳地に「セイクリッド・ヘッドウォーターズ(聖なる源流)」が存在します。そこはブリティッシュ・コロンビアのサケの生息地として最も重要な3つの川、スティキーン、ナース、スキーナが生まれる場所です。北米最大の弱肉強食の生態系のひとつを支え、ファースト・ネイションズのタールタン族の伝統的な領土でもあります。その大部分は保護されておらず、提案されている無数の鉱山開発計画が、いま、この土地の水、野生動物、そして文化を脅かしています。

提案されている最大のものはシェル社の石炭床メタン(CBM)プロジェクトです。セイクリッド・ヘッドウォーターズの中心におよそ100万エーカーの借地権をもつシェルは、大量な水試用を要するハイドロフラッキング(水圧破砕法)工程でメタンガスを採掘します。それはヘッドウォーターズを汚染し、水のレベルを変えてしまう恐れがあります。また迷路のように入り組んだ道路とパイプラインが抗口を結び、現在手つかずの野生動物の生息地をバラバラにしてしまいます。

[ビデオ:ナショナル・ジオグラフィック所属の探検家ウェイド・デイビスが「セイクリッド・ヘッドウォーターズ(聖なる源流)」について語る。写真:Paul Colangelo、音楽:Todd Hannigan]

Skeena
[蛇行するスキーナ川。ブリティッシュ・コロンビア、2009年。全写真:Paul Colangelo]

Graveyard
[スティキーン川を見下ろす墓地。ブリティッシュ・コロンビアのテレグラフ・クリーク、タールタン・ファースト・ネイションズ]

Tahltan
[オールド・テレグラフ・クリークのタールタン族の長老。ブリティッシュ・コロンビア]

信じられないことに、タールタン族長老から成る小さなグループは、世界第二の企業であるシェル社のCBM計画の阻止に成功しました。長老たちの逮捕につながったバリケードを含む彼らの抗議は、ブリティッシュ・コロンビアの州政府にCBMプロジェクトの一時停止命令を課すことを説得しました。しかし、タールタン族の故郷の運命はこの猶予期間が切れる2012年12月にはまた危機に陥ります。

シェル社のCBM借地権から20マイル以下の場所、おそらくストーンシープの世界最大の生息地であるトダジン山では、銅と金の露天掘鉱山が提案されています。「空にそびえる野生生物保護区」としてしられるトダジン山は、このストーンシープの群れが知る唯一の生息地であり、これまで、忍び寄る工業開発からの避難所でした。ブリティッシュ・コロンビア州政府はこの群れの価値を認識し、2001年に「トダジン・サウススロープ・プロビンシャル・パーク」を設立、冬の生息領域を保護しました。しかし2010年には、群れの春、夏、秋の領域を囲むこの台地のほぼ全体にわたる採掘許可を発行しました。この借地権が採掘につながると、群れは生息地の大部分を失い、この台地から追い出されてしまいます。

Example
[露天掘鉱山が景観にどう影響するかの一例。モンタナ州。写真:Paul Colangelo]

しかしながら、セイクリッド・ヘッドウォーターズを目にした人はほとんどおらず、その近くに住む人びとはごくわずかなため、その保護を訴える人びとの集まりは、情熱的で効果的ではあっても、小さなものです。過去3年間にわたり、私はこの声を高め、この地域に注目をうながすためにセイクリッド・ヘッドウォーターズの地形、野生動物、文化を写真に収めてきました。私はこの土地を愛しはじめ、自分の第二の故郷だと考えるようになりました。自分自身で経験できない人のためにセイクリッド・ヘッドウォーターズの写真をもたらすべく、移動展示会を開催し、〈International League of Conservation Photographers〉に所属する他の写真家と共同でウェイド・デイビスの本『The Sacred Headwaters』のための画像を制作しました。

この地域での私の仕事はつづき、現在トダジン山のストーンシープに焦点を当てています。去年の夏、私は3か月間にわたってこの群れと生活すべく、ヘリコプターにドロップオフしてもらいました。私のゴールは群れの物語と脅かされている生息地を写真に撮り、台地を移動する群れの動きを特別なカメラ器材を使って記録することでした。群れの動きはこの山の地図上に書き込まれ、鉱山活動と借地権のうえに重ねられます。これで土地の使用が群れを脅かすことが一目で明らかになります。

Todagin
[2010年、ブリティッシュ・コロンビアのトダジン・クリークにて。写真:Paul Colangelo]

この台地に数か月間一人でキャンプすることの最大の難点は天気でした。大きく開かれた台地はその強風で知られていますが、昨年この地域は過去50年間で最悪の天気に見舞われました。最初の嵐が台地を襲ったとき、私のキャンプは破壊され、テントは切り裂かれ、私の器材は1マイル下の谷間に吹き飛ばされました。器材を修理して、ふたたびキャンプを設営すると、2つ目の嵐が襲いました。その威力は私の下約1000メートルで木をなぎ倒すほどで、避難を余儀なくされました。今年は天気が良いことを期待しながら、この群れの撮影を完了させるため、私はまたそこに戻って、11月の発情期まで滞在する予定です。

Tanセイクリッド・ヘッドウォーターズの保護のためのご支援はhttp://www.sacredheadwatersjourney.com/をご覧ください。請願書に署名し、石炭床メタン開発禁止の猶予期間が切れてトダジンの開発が起動しはじめる今年により緊急になってくるこのキャンペーンへのご支持をお願いします。
Eulachon
[ナース川にあるナスガ族のワカサギ加工場。ブリティッシュ・コロンビア 全写真:Paul Colangelo]

Bobby
[馬を導き狩りに出かけるボビー・ブラッシュ。2010年、ブリティッシュ・コロンビア]

Wetsuwet
[バルキー川のサケをかぎざおで引き上げるウィツウィテン族の男性。ブリティッシュ・コロンビア]

Salmon
[スティキーン川にあるタールタンのスモークハウスにて吊るされるサケ。ブリティッシュ・コロンビア、タールタン・ネイションズ]

Stikine
[スティキーンのグランドキャニオンに流れるスティキーン川。ブリティッシュ・コロンビア、スティキーン・プラトウ]

Mountain
[スティキーンのグランドキャニオンのシロイワヤギ。2010年、ブリティッシュ・コロンビア]

Iskut
[蛇行するイスカット川。ブリティッシュ・コロンビア]

Grizzly
[ナース川の支流でサケを追いかけるグリズリーベア。ブリティッシュ・コロンビア]

Unnamed
[チスモア・クリークの無名の支流。2010年、ブリティッシュ・コロンビア]

Moose
[イアルー湖のムース。2010年、ブリティッシュ・コロンビア]

Brilliant
[大量の鉱化作用がもたらすスペクトラム山脈の鮮やかな色。ブリティッシュ・コロンビア]

Young
[タールタン宣言100周年を祝ってドラムを叩くタールタン族の若い娘。ブリティッシュ・コロンビア、タールタン・ネーションのテレグラグ・クリークにて]

ポール・コランジェロは野生動物、環境問題そして文化と自然世界の交差点を専門とする写真家。

関連記事

コメント

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...