« 聖なる源流 | メイン | 知床にて »

「ぐるぐる」しよう

by 丹羽順子(〈xChange〉代表)

exchange

少し前に『THRIVE』という映画を見た。宇宙やすべての生命は全部つながって「ぐるぐる」まわって調和しているのに、地球という惑星だけが、独自に作り上げた奇妙な一方通行のシステムに基づいて突きすすんでいる。それはまわりの環境と共存しないやり方である。じゃあどうやってほかの命とのつながりを取り戻し、自然から教えてもらった「ぐるぐるまわる暮らし」を実践できるのか?そんなことがテーマの映画だ。「大切なことは、宇宙人が教えてくれる」というぶっ飛んだ話の解釈は別にして、私にとってはいろいろな示唆を与えてくれる、興味深い映画だ(『THRIVE』は十カ国語に訳されていて、オンラインでも鑑賞できる)。

地球は太陽の周りを一年かけてぐるぐる回っている。さらに一日一周ぐるぐる自転している。月は地球の周りをひと月かけてぐるぐるしている。世の中はぐるぐる回っている。水も空気も自然界のなかにあるすべての命も、ただひたすらぐるぐる回っている。いままでそうやってやってきたし、これからもその先もそうするだけでいいのだと思う。

それなのに「モノ」の生産と消費の現場はなぜ「ぐるぐる」まわっておらず、自然界の法則とは真逆のアプローチを用いた流れになってしまったのか。「経済を成り立たせるため」や「消費者の欲を満たすため」など、言い訳はいろいろあるだろう。でも、自然にあらがって生きていけないことは、昔から誰にでも分かっていることである。人間のおごりはいますぐに改める必要がある。

ではどうやって?

道しるべとなるデザインのキーワードが「ぐるぐる」ではないか。社会のあらゆる場面を「ぐるぐる」とデザインし直そう。いろいろなものが有機的につながるように、無駄がないように、すべてが自然とひとつの輪の中にあるように。

exchange2

〈xChange(エクスチェンジ)〉はまさに服を「ぐるぐる」回そうと、2007年から東京都内を中心に古着の交換パーティーを開催している。「おしゃれは楽しみたいけれど、環境にストレスをかけているならそんなのおしゃれじゃない。お金もつづかない。じゃあ、持ち寄って交換したらいいんじゃない?」そんなシンプルな気づきからはじまった。美容師やデザイナーなど、ファッションに敏感なクリエイティブ層にまず定着し、その後、学祭やカフェでの開催へと広まった。ここ数年は企業やNGOとのコラボ・イベントも手がけてきたが、小規模でアットホームな雰囲気は大切にしている。「xChange」というネーミングは、魚のように波とひとつになって海で泳いだあと、空からすっとおりてきた。それから5年……。世界経済がいよいよ傾き、環境問題の根本解決が求められているいま、「物々交換」という古くて新しい社会のしくみが注目され、全国各地で〈xChange〉の自主開催を試みる人たちが、ますます増えている。

〈xChange〉に限ったことではない。世界中、「トレード・マーケット」が盛んになり、インターネット上でも各種の物々交換のプラットフォームが機能しはじめている。以前住んでいた神奈川県鎌倉市では月に一度、物々交換市「くるくる」が開催され、服のほかにも食器や家電など、あらゆる日常品の交換マーケットになっていた。フランスのピレネーの街では”Trade Free Place”というマーケットが開かれ、地域の憩いの場になっているようだ。少しずつ「ぐるぐる」という音が、社会のいろいろな場所から聞こえるようになってきた。

exchange3

私はいま、タイ北部のオーガニック・ファーム・コミュニティで暮らしている。服や日用品のほとんどは交換したり、シェアしたり、手作りしている。雨水は回収されて田畑にまかれ、濾過されて飲料水となる。森から切り出した竹は建材や食器に使われたあと、調理のための薪となり、灰は大地に還って、植物がまた育つ大切な栄養となる。そう、映画『THRIVE』で描かれていた「ぐるぐる」だ。「ぐるぐる」のデザインをコミュニティ生活の軸とし、自然の前で人間がいつも謙虚であれば、誰もが望むシンプルで充足感のある暮らしは可能なのだ。

丹羽順子

丹羽順子
サステナビリティ活動家/ファーマー。東京を拠点にラジオ番組のパーソナリティや環境イベント司会業をつとめたあと、2012年春よりタイのオーガニック・ファーム・コミュニティ〈タコメパイ〉に移住。著書に『「小さいことは美しい」シンプルな暮らし実践法』扶桑社。

---------------------------------------------------------
パタゴニアでは「コモンスレッズ・イニシアティブ」を通して、お客様が着古して使用不可能となったパタゴニア製品をリサイクル(再生)のために回収しています。それらは新しい繊維や生地となりますが、なかにはまだ着ることのできる状態の製品や、素材としての価値のあるものもあります。そうした状態の製品については、素材を生かしたリパーパスや古着として再利用(リユース)します。それはエネルギーなどを使ってリサイクル(再生)させるよりも環境負荷が少なくなります。その取り組みのひとつとして、国内循環古着専門店〈衣~ころも〉に販売し、その売り上げ金はすべて、古着の交換会を主宰する〈xChange〉へ寄付します。

無題

関連記事

コメント

先日、主催する勉強会で都内で環境リサイクル事業を営む企業の社長に講演いただいた。

日本は分別意識も、それに対する協力意識も高く、多い自治体では10種類以上も分別収集するが、アメリカでは2~3種類。日本は収集時に分別するが、アメリカでは収集後に分別される仕組み。廃棄物処理に使われているお金は東京23区で年間2000億円!走るゴミ収集車は4000台!効率化すれば(アメリカ方式にすれば)1000台で十分まかなえる量とのこと。住民による分別を細分化すればするほど、実は収集の物流費や人件費が掛かるという矛盾。

これだけ多くの手間と費用を掛けながら、サンフランシスコの廃棄物のリサイクル率は70%なのに対して、東京では30%ぐらいしかない。そして、いろいろな物のR意識が高まる中で、衣服のリサイクル率は極端に低いと聞いた。

この事実を作る側も着る側も真剣に考え、行動に移さなければいけないと思う。

買う側としては、まずは衝動買いを控えることが「はじめの一歩」だろう。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.com/japan をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...