« スタンドアップ・ガイ | メイン | テンカラUSAが長年培われてきたフィッシングのテクニックをパタゴニア日本支社の社員に伝授 »

ダウンの真相

Footprint_logo

私たちはパタゴニアが製造しているダウン製品に誇りをもっています。その品質(フィルパワーまたはインサレーション値)は卓越しており、シェルと同じように最終用途にふさわしい素材です。デザインも美しく、ダウン製品群はパタゴニアのビジネスの重要な一部になりました。その人気のおかげでビジネスを維持することができるだけでなく、環境問題への取り組みのために寄付を行っている売上の1%もかなりの額となります。

また私たちは同時に、自分たちの誇りに限度があることも知っています。私たちが行うビジネス活動はすべて、環境に何らかの悪影響を及ぼし、廃棄物を生み出すからです。けれども、とりわけ長らくのあいだ私たちの頭を悩ませてきたのは、ダウン生産におけるある問題でした。そしてより掘り下げた調査をしたあとも、その悩みは続いています。

ダウンは2つの面において製造しにくい製品です。ひとつにはダウンを詰め、素材を縫製する従業員を守るためのステップが必要だということです。ダウンを扱ったことのある人なら誰でも、それは羽よりもさらに軽く、重力に抗うことを知っています。ダウン室は他のエリアから密閉されなければならず、従業員は繊維を吸ってしまわないよう、防護マスクをしなければなりません。

もうひとつはガチョウの扱いです。私たちは縫製工場の作業フロアを頻繁に訪れ、また独立機関として作業環境を監査する公正労働協会からの追加支援も受けています。にもかかわらず、農場のコンディションをモニターするのは非常にむずかしいのです。私たちは縫製工場と直に契約していますが、農場にたどりつくまでには縫製工場、ダウン業者、ダウン加工工場と、サプライチェーンを深く掘り下げていかなければなりません。この複雑さはフットウェアやウールのベースレイヤー、セーターなど、動物が関係する他の製品についても同じです。

数年前、フットプリント・クロニクルの最初の調査段階で、パタゴニア製品に使われるダウンの一部が換羽期に入るガチョウの羽を手で摘んで採取したものであることがわかりました。生きたガチョウから羽を手で摘むライブ・プラッキングの実践は、動物愛護団体の多くが非難しています。これは鳥が換羽前に羽を手で摘む作業です。欧州食品安全機関は最近、羽を手で摘むのでなく集めることは、それが適切に行われた場合にはガチョウに悪影響を及ぼさないという科学的見解を示しました。

2009年、つまりこの見解が発表される以前には、手で摘むのではなく収集された羽を使うことを保証するガイドラインが存在しませんでした。よってパタゴニアは不慮の悪影響を及ぼすリスクを回避するため、食用に屠殺されたガチョウから摘み取られたダウンのみを調達することに決めました。ガチョウの90~95%の経済価値は食肉にあり、ダウンの価値はその5~10%に過ぎません。グースダウンは食肉あるいはレバー(フォアグラ)のために食用として飼育されたガチョウの副産物なのです。

2009年秋シーズン以降、パタゴニアはサプライヤーであるアライド・フェザー&ダウン社に、パタゴニア製品用に発送されるダウンのすべてが食肉用のガチョウからのものであること、さらに生きたガチョウから摘まれた素材が含まれないようにすることを要求しました。

2010年12月、パタゴニアが生きたガチョウから手摘みされたダウンを使っていると、動物愛護団体〈Four Paws〉から糾弾されました。私たちはこれを論破しましたが、この論争の過程で私たちは〈Four Paws〉と対話をもちました。彼らが指摘したのは、フットプリント・クロニクルに使われた写真を見るかぎり、パタゴニアが使用しているダウンはグレイグースのもので、一般的にハンガリーで飼育されているグレイグースはフォアグラ用であるという点でした。フォアグラは、レバーを肥大させるためにガチョウを強制飼育するという、ヨーロッパのほとんどの国々とアメリカのいくつかの州(2012年からはカリフォルニア州も含む)で禁止されている、物議を醸す営みです。けれどもこれはフォアグラの発祥国であるフランスとパタゴニアがダウンを調達しているハンガリーでは禁止されていません。

以前パタゴニアが聞かされていたのは、フォアグラ用に強制飼育されたガチョウからはオイリーな2級の質のダウンしか取れず、パタゴニアにはそれを提供していないということでした。けれどもそれは間違っていました。実際はダウンの質には影響はなかったのです。そしてパタゴニアには以前も現在も、食用だけではなく、レバーを肥大させるために強制飼育されたガチョウからのダウンが提供されていることがわかりました。

私たちはさらに調査をすることを決め、社会/環境責任ディレクター、素材開発ディレクター、戦略環境素材開発者を、アライド・フェザー&ダウン社の代表2人とともにハンガリーに送り込みました。自分たちの目で事実をたしかめたかったのです。一団はダウンとフェザーの処理施設、屠殺場、そしてメインのグース農場を2つずつ訪れました。この旅で訪れたパタゴニアのサプライヤーは透明性をもって対応してくれました。けれども私たちが訪れたのはすべてのサプライチェーンではないことも、ここでお伝えしなければなりません。

私たちが学んだことは受け入れがたいものでした。〈Four Paws〉は正しかったのです。私たちは食用だけでなく、フォアグラ用に飼育されたガチョウの副産物であるダウンも使っていたのです。

私たちが訪れたサプライチェーンでは、生きた鳥の羽を手摘みしている形跡は見られませんでした。そして訪れた屠殺場では、生きた鳥から羽が摘まれることがないよう、彼ら自身が鳥を購入契約しているガチョウ農場を監査しています。それでも私たちは現行の追跡プログラムは不適切であると感じました。各段階で私たちが調査した書類に不正は見られませんでしたが、独立した第三機関からもっと正式な「一連の保管」査定を受けて、それに合格できるよう、より明瞭に関連づけられなければなりません。私たちはサプライチェーンのどの部分においても、生きた鳥から羽を摘むことが確実に行われないようにしなければならないのです。

パタゴニアはあきらめません。パタゴニアは追跡プログラムと生きた鳥から摘まれたダウンを避けるための認定制度を強化します。フォアグラ用のガチョウからのダウンを採取することには抵抗がありますが、とりあえずの間、選択の余地はありません。現在、フォアグラ用に強制飼育していない食用のガチョウから副産物として採取したダウンをハンガリーで探していますが、ハンガリー以外の国からより人道的な方法によるダウンを探すこともできます。私たちはダウンのサプライチェーンの知識を深め、私たちを教育してくれるNGOとの対話を持ちつづけます。

そして私たちはこれからも私たちが学んだことをお客様にお伝えしていきます。

それまでのあいだは、靴に使われるレザーを含む動物製品を避けているビーガンの方は、ダウン製品を避けることが賢明かもしれません。そしてフォアグラは飼育/販売されるべきでないとお考えの方は、その副産物も避けたほうが良いかもしれません。パタゴニアは化繊のインサレーションを使用したウェアを何種類も提供しています。化繊のインサレーションはダウンほど高効率ではありませんが、濡れるコンディションではダウンより有効です。

関連記事

コメント

全然知りませんでした。私達が何気に使用している物、身近なものがそんな過程であったことを・・・
今更ながら、考えてしまいます。
パタゴニア製品はそんな思いも詰まっているのなら、安心して購入する事ができます。

今まで、毛皮を使わないメーカーもダウンを使っているのが、不思議でなりませんでした(パタゴニアに限らず)。
貴社は、諦めずに追跡していることが、素晴らしいと感じました。
個人的に、ダウンは着用しませんが、愛護に対する素晴らしい取り組みだと思います。
勉強になりました。ありがとうございました。

これからもこの素晴らしい取り組みの継続をお願いします。隠すことなくきちんと説明、追求していく姿勢を賞賛します。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
Your comment could not be posted. Error type:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...