ティンシェッド・ベンチャーズ:次世代の責任あるビジネスへの投資

Top
パタゴニアでは、素晴らしい製品を作り、利益を上げ、惑星を保護するという3つの目的は、相いれないものではないと信じています。そこで2013年、私たちは志を同じくし、同じ使命のもとに働く新興企業を援助する投資基金を発足しました。

今日、私たちはこの基金を「ティンシェッド・ベンチャーズ」(前「$20 Million & Change」)と改名しました。この新しい名の下で、私たちはビジネスを手段として環境問題に対応する起業家に投資し、彼らを指導し、結びつけるという、パタゴニアの歴史を継続していきます。

【 イヴォン・シュイナード 写真:Tom Frost / Aurora Photos 】

続きを読む "ティンシェッド・ベンチャーズ:次世代の責任あるビジネスへの投資" »

屋上太陽光発電を1,500の家庭にもたらすためにBコープが協力

1

この種の試みとしては初のBコープ認定を受けた5社の企業が、アメリカの1,000以上の家庭に太陽光発電の恩恵をもたらすために共同で3千5百万ドルのタックス・エクイティ(税負担)基金を創設しました。パタゴニアと〈Kinaʻole Capital Partners, LLC〉先導のこの新しい基金は、州および連邦の税額控除を利用し、手頃かつ効率の高いSungevity太陽光エネルギー・システムを住宅用開発に利用するためにパタゴニアの税金を運営するものです。

この新しい基金は2014年にハワイにて1,000の屋上太陽光発電を購入するために作られた類似かつ成功を収めたパタゴニアとKinaʻoleの試みを土台としています。そしていま、5社のBコーポレーション(Bコープ)(税負担投資家パタゴニア、基金マネージャーKinaʻole、金融会社New Resource BankおよびBeneficial State Bank、プロジェクト開発者Sungevity)が協力し、アメリカ本土に上陸しました。Bコープは非営利団体〈B Lab〉によって社会的/環境的パフォーマンス、責任説明、透明性の厳しい水準を満たすことが認証された営利企業です。

写真上:Kinaʻole Capital Partnersのために住宅太陽光発電システムを設置するコール・クリステンセン。ハワイ、オハフ島。写真:John Phaneuf

続きを読む "屋上太陽光発電を1,500の家庭にもたらすためにBコープが協力" »

異なる道:ブレオ共同創始者のベン・ネッパーズとチリ南部で暮らす

by ブルック・オーテル

1

パタゴニアの「$20 Million & Change」基金は2013年に、志を同じくする革新的なスタートアップ 企業がビジネスを手段として環境危機のための解決策やその他の肯定的な変化をもたらすことを支援するために始動しました。あるいはイヴォンの言葉を借りると、「自然を使い尽くすのではなく、自然と連動すること」に成功するよう、企業家と革新者を援助することを目的としています。今日はそうした会社のひとつであり、Bコーポレーションと〈1%フォー・ザ・プラネット〉のメンバーでもある「ブレオ」をご紹介します。

コチョルゲにあるベン・ネッパーズのキャビンからは海が見えます。アメリカのケープコッド出身の起業家であるベンは、チリ南部のこの小さな沿岸コミュニティにはまったく縁のなさそうな住人です。彼は廃棄された漁網をリサイクル製品に転換させる革新的な会社、ブレオの共同創始者です。ベンはチリの現場でブレオのビジネスの基本となるリサイクリング・プログラム「ネット・ポジティバ・イニシアチブ」を監督しています。ブレオはネット・ポジティバを通してプラスチック汚染を削減すると同時に、サングラスとサイドウォーク・クルーザー・スケートボードを製造するのに必要な原材料を入手するため、捨てられた網の回収を促進しています。

写真上:ブレオの漁網回収/リサイクル・プログラムの「ネット・ポジティバ」を通じてブレオのスケートボードひとつひとつに変身した漁網の量を示すブレオの共同創始者ベン・ネッパーズ(左)とケビン・エーハーン(右)。チリ、サンチアゴ。写真:Kevin Ahearn

続きを読む "異なる道:ブレオ共同創始者のベン・ネッパーズとチリ南部で暮らす" »

私たちのDWR加工の問題点【アップデート】

DWR

アップデート:この投稿の大部分は2015年3月18日に最初に投稿されました。私たちのサプライチェーンにおける化学薬品の安全性を改善するパタゴニアの取り組みについて、つい最近の情報とともにアップデートしたのが本日の投稿です。

パタゴニアは、他の高品質アウトドア・アウターウェア・メーカー同様、長年にわたり耐久性撥水(DWR)加工を採用してきました。これはレインウェアの表面についた水分を水滴にして分散させる化学構造(下記参照)で、表面の飽和状態を防ぐために防水性ジャケットにも不可欠な加工です。表面を濡れたまま放置すると、実際に水分が浸透していなくてもべったりと湿った肌触りになってしまいます。パタゴニアが基準として採用してきた長鎖(C-8)フッ化炭素ベースのDWR加工は、非常に効率が高く、並外れた耐久性を誇ります。しかし残念ながら、その副生成物は有毒で難分解性のため、環境中から消滅しません。したがって完璧な性能にも関わらず、容認できないものです。世界各国の政府は化学薬品会社にC8 DWRの製造中止を要請し、高品質アウトドア・アウターウェア・メーカーはDWRに匹敵する性能を備えた代案を模索しています。

続きを読む "私たちのDWR加工の問題点【アップデート】" »

私たちのDWR加工の問題点

DWR

本投稿のアップデート版をご参照ください。私たちのサプライチェーンにおける化学薬品の安全性を改善するパタゴニアの取り組みについて、つい最近の情報とともにアップデートしています。

パタゴニアは、他の高品質アウトドア・アウターウェア・メーカー同様、長年にわたり耐久性撥水(DWR)加工を採用してきました。これはレインウェアの表面についた水分を水滴にして分散させる化学構造(下記参照)で、表面の飽和状態を防ぐために防水性ジャケットにも不可欠な加工です。表面を濡れたまま放置すると、実際に水分が浸透していなくてもべったりと湿った肌触りになってしまいます。パタゴニアが基準として採用してきた長鎖(C-8)フッ化炭素ベースのDWR加工は、非常に効率が高く、並外れた耐久性を誇ります。しかし残念ながら、その副生成物は有毒で難分解性のため、環境中から消滅しません。したがって完璧な性能にも関わらず、容認できないものです。世界各国の政府は化学薬品会社にC8 DWRの製造中止を要請し、高品質アウトドア・アウターウェア・メーカーはDWRに匹敵する性能を備えた代案を模索しています。

この10年間、パタゴニアはフッ化炭素不含有のあらゆる代案を入念に調査、そしてテストしてきました。ワックスやシリコンをはじめとする数々の撥水性加工は、生地の表面張力を下げ、水分を水滴として表面にとどめて飽和を防ぎますが、泥や油で汚れやすく、有効性が急速に失われてウェアの効果的な寿命が縮められてしまいます。

続きを読む "私たちのDWR加工の問題点" »

ザ・クリーネスト・パワー:$20 Million & Changeがハワイの屋上太陽光発電プロジェクトに投資

昨年パタゴニア・ワークスは、パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードが言うところの「自然を使い果たすのではなく、自然と協働する」会社およびイニシアチブを支援する投資基金である$20 Million & Changeを始動し、この基金の進捗状況を随時アップデートすることをお約束しました。

Patagonia Solar infographic

私たちはハワイで1,000基以上の屋上太陽光発電システムを購入することになる2700万ドルの基金の設立に関してKina‘ole Capital Partnersと合意しました。現在、ハワイのほとんどの住宅所有者は石炭と石油に由来する電力を使っています。

もっと多くのビジネスがこの投資戦略を採用すれば、再生可能エネルギーのムーブメントはピークに向かうでしょう。あまりにも多くの場合、世間一般はビジネスの成功と地球を救うこととは相いれないと決め込んでいます。この投資は自然を使い果たす代わりに自然と協働することが良いビジネスであることを示します。そして私たちは自社の収益を投資することに興味を抱く他の会社にロードマップを提供しているのです。

詳細をお読みいただき、ソーシャルメディアで広めてください。

続きを読む "ザ・クリーネスト・パワー:$20 Million & Changeがハワイの屋上太陽光発電プロジェクトに投資" »

「$20 Million & Change」とPatagonia Works(パタゴニア・ワークス)―環境のための持株会社―のご紹介

by イヴォン・シュイナード

Yvon

私は自分のことをビジネスマンだと考えるのが好きではない。私がビジネス界に対してかなりの懐疑心を抱いていることをご存知の方も多いだろう。しかし、妻と私が40年前に創業した会社「パタゴニア」は、世界的な規模でいうところの中堅会社に成長した。そしてそれは私の家族に深刻な責任を与えている。パタゴニアのミッション・ステートメントの最後の一文は「……ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」である。私たちはそのことをつねに真剣にとらえてきた。

3つの例を挙げよう。この30年間毎年、パタゴニアは売上の1%を草の根環境団体に寄付している。またこの惑星の衣料品と履き物の3分の1以上を製造する会社からなる組織、〈サスティナブル・アパレル・コーリション〉の設立に一役買った。その後すぐ、コーリションはデザイナー(のちには消費者)が製品を開発したり原材料を選択する際に、よりよい選択をするために使うことのできる社会的/環境的パフォーマンスのインデックスを発表した。そして昨年、パタゴニアはカリフォルニア州初のBコープ(ベネフィット・コーポレーション)となった。これはこの会社を成功に導いた価値観が、いまや法的な定款書に刻み込まれたことを意味する。

続きを読む "「$20 Million & Change」とPatagonia Works(パタゴニア・ワークス)―環境のための持株会社―のご紹介" »

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.