『新版 社員をサーフィンに行かせよう:パタゴニア経営のすべて』

by イヴォン・シュイナード

1400x875_LMPGS
初版の登場から10年を経て、パタゴニアの創業者兼オーナー、イヴォン・シュイナードが2006年に書いた回顧録の傑作の増補改訂版『新版 社員をサーフィンに行かせよう:パタゴニア経営のすべて』が出版されました。約半分に相当する内容を増補し、新たに活動家であり作家のナオミ・クライン氏による序文が追加されています。

新版でシュイナードは、世界的な景気後退と加速する環境危機によって、またパタゴニアにとって未曾有の成功によって特徴付けられた、素晴らしくも厳しい機会と挑戦をもたらした過去10年間に、彼のビジネスと環境への見解がどのように進化したかについて説明します。

下記にて新版からの序文をお読みいただけます。

【 上:表紙:リンコン・ポイントの冬のスウェル。写真:Steve Bissell、書籍写真:Tim Davis 】

続きを読む "『新版 社員をサーフィンに行かせよう:パタゴニア経営のすべて』" »

2007年にホクレアが日本にやって来て、今年でちょうど10年になる。

by 金子 duke

ニコン 029
僕はいつも海に出るたびに、ホクレアからの宿題をいまでも自分に問いかけつづけている。

陸のスピードに流されて生きていないだろうか?
テクノロジーという箱のなかだけで生きていないか?
僕らは海とつながっているだろうか?

僕は、10年前のホクレアとの出会いによって、魂の、心の目が開かれ、自分を、世界をみる目が変わったのだった。

【 全写真:yaguraphic 】

続きを読む "2007年にホクレアが日本にやって来て、今年でちょうど10年になる。" »

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート5 ホクレアよ永遠に

by ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック

Top

風はなく、波は穏やかだ。双胴型航海カヌー「ホクレア」のまわりでさざ波を立てているのは、大きな円を描きながら子供たちが漕ぐパドルボードだけ。船首にはティリーフの花冠が掛けられ、帆は巻かれたままマストに結ばれている。ハワイの王のマントと同じ深紅に染められたこれらの帆は、強い風のなかでは 15 メートルにわたって広がる。

ホクレア号はすでに 1 週間ほど、ヒロの近くにある湧水の入り江パレカイに係留していた。商船、貨物コンテナ、石油タンクが溶岩石で囲まれた湾に並ぶなか、ホクレア号はまるで島のように、臆することなくしっかりと錨を下ろし、風が吹くのを待っている。

【 世界航海の開始にあたるヒロでの出航儀式中、レイを船首にかけるヒキアナリア 号の乗組員のエルヴェ・マラエタアタ。パレカイ(「防波堤」または「海から防御する こと」の意)での儀式は、旅立つホクレア号の乗組員を守り慈しむため、地元地域 からの温かさとアロハによって行われた。写真:John Bilderback 】

続きを読む "マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート5 ホクレアよ永遠に" »

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート4 正しい方向

by ナイノア・トンプソン

Top

1975 年の進水以来この魔法のような船「ホクレア」の、地域と人びとを結び、刺激し、変える力を目撃してきました。そのデッキの上で太平洋の民は、それまで 600 年間も眠っていた天文航法、ウェイファインディング、遠洋航海のアートと科学をよみがえらせました。ホクレア号で航海してきたこの 40 年間私たちが教えられてきたのは、過去を振り返りながら未来への期待を強め、祖先の技術と知恵と価値観を現在に活かし、私たちが暮らすこの地球という島をより明るい目的地へとかじ取りする手助けをするよう呼び掛けることでした。

ホクレア号が 1970 年代の苦闘から生まれた希望の灯台であったように、困難の多いこの時代に最大級の環境的/社会的問題の解決に取り組む世界中の 100 以上の地域に希望の光を照らすため、私たちは史上初の世界航海に乗り出しました。

【グレート・バリア・リーフを抜ける航路にてマカアラ(覚醒)の状態を保つ、 ポゥ航法師のナイノア・トンプソン。ポリネシア航海協会の代表でもあるナイノア船長 は、人生の半分以上におよぶ 35 年間にわたってホクレア号の舵を取り、祖先の伝統 に習って星、風、月、波、鳥、魚を頼るべき指標としてきた。写真:John Bilderback 】

続きを読む "マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート4 正しい方向" »

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート3 ニュージーランド

by ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック 

Top
ホクレア号は世界航海をつづけながら、私たちの「地球島」をいたわる「マラマ・ホヌア」を実践する人びとの国際的なネットワークを紡ぐ。昨年の秋にはアオテアロアのワイタンギに上陸し、数百人に迎えられた。マオリ族はニュージーランドをアオテアロアと呼び、その意味は「白雲が長くたなびく地」だ。太平洋の島々に最初に定住したポリネシア人の移動経路をたどりながら、ホクレア号がはじめてアオテアロアに航海したのは30年以上前のこと。1985年の上陸当時、壮大なカヌーが海を横断する姿に感銘を受けた地元のリーダーは、ハワイ人たちをニュージーランド最北の地、タイ・トケラウの第6部族と名づけた。

【 マオリ族はニュージーランドをアオテアロアと呼び、その意味は「白雲が長くたなびく地」だ。マウント・タラナキ、ニュージーランド北島。写真:John Bilderback 】

続きを読む "マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート3 ニュージーランド" »

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート2 サモア

by ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック

Top

2016年はアメリカ国立公園が誕生100周年を記念する。マラマ・ホヌア世界航海では、ホクレア号の乗組員が、アメリカ領サモア、カリブ海のセント・ジョン、フロリダのエバーグレーズなど複数の国立公園を訪問し、6月はじめにはニューヨーク市のガバナーズ島に立ち寄る。乗組員はこれまでの寄港先で、それぞれの地域が独自の方法で地球をいたわる「マラマ・ホヌア」を実践している様子を見てきた。2015年9月にアメリカ領サモアのパゴパゴに寄港した際には、国立公園レンジャーを務めるプア・トゥアウアがサモア流のマラマ・ホヌアを教えてくれた。

「私たちの土地はおそらく我が民族にとって何よりも貴重な資産です」とプアは説明した。

ホクレア号の乗組員が学校を訪れて、子供たちにホクレア号がどのように「マラマ・ホヌア」を体現しているのかを教えるあいだ、プアはパゴパゴのダウンタウンにあるパークレンジャーのオフィスで仕事をはじめた。プアのオフィスからはパゴパゴ港が見渡せる。汀線が島の中心へと8キロにわたって曲がりくねりながら入り込み、しっかりと守られている港だ。港の片側には知事公邸があり、もう片側にはレインメイカー・マウンテンがそびえる。埠頭には多数の漁船が並んでいる。パゴパゴは南太平洋でアメリカ国旗を掲げる最も有益な商業漁港である。

【 アメリカ領サモアの トゥトゥイラ島のレインメーカー・マウンテンをうっそうとした熱帯雨林が覆う。写真:John Bilderback 】

続きを読む "マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海 パート2 サモア" »

マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海

by ジェニファー・アレン&ジョン・ビルダーバック

Top

「ヘ・ワア・ヘ・モク、ヘ・モク・ヘ・ワア」はハワイの格言で、「カヌーは島であり、島はカヌーである」を意味する。

いまから数百年前、航海カヌーはポリネシア人が島々で生存するためのツールであり、それにより食料を探し、新たな土地に定住することができるようになった。カヌーでの生活は陸地での生活の縮図だった。生き延びるために人びとは互いをいたわり、カヌーを大切にする必要があった。今日この真理を最も明白に表しているのがハワイの双胴型航海カヌー、ホクレア号だ。

ホクレア号は近代計器を使わず、太陽、月、波、鳥、風、星という自然の指標だけを頼りに帆走する。これは純粋な持続可能性の実践のひとつであり、そのミッションはひらめきに満ちている。2014年5月にヒロで進水して以来、ホクレア号は3つの大洋と4つの海、11の異なる時間帯を横断し、50以上の港に寄港しながら、海の健康と私たちが共有する地球という島を大切にするコミュニティを結びつけてきた。この世界航海は「マラマ・ホヌア(地球を大切に)」として知られる。

【 40年以上航海してきたホクレア号は、ポリネシア中の島のコミュニティで航海カヌーの再生を刺激してきた。写真:John Bilderback 】

続きを読む "マラマ・ホヌア:ホクレアの希望の航海" »

ロイヤル・ロビンス(1935~2017)を悼んで

by イヴォン・シュイナード

Top
ロイヤル・ロビンスが2017年3月4日に逝去したというニュースに、パタゴニア・ファミリーの誰もが悲しみを抱いています。個人的に彼を知っていたのは社内の一部だったかもしれませんが、そうでなかった多くの社員たちも、今日に至るまでの彼の開拓精神とクリーンクライミングへの忠誠には、大いに触発されてきました。彼に敬意を表し、彼の友人であるパタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードが以下の想い出を綴りました。

【 「ノース・アメリカン・ウォール」初登中にブラック・ケーブでビバークするロイヤル・ロビンスと、(下から覗いている)イヴォン・シュイナード。カリフォルニア州ヨセミテ、エル・キャピタン。1964年。写真:Chuck Pratt 】

続きを読む "ロイヤル・ロビンス(1935~2017)を悼んで" »

ゴビ・グリズリーを追って

by ダグ・チャドウィック

Top
今日は、パタゴニア・ブックス出版の『Tracking Gobi Grizzlies: Surviving Beyond the Back of Beyond』より、第9章「Big Bawa(ビッグ・バワ)」の一部をご紹介します。

【 オアシスで無線の首輪を取り付けられ、その周辺の葦の草間に佇む「ビッグ・バワ」と名づけられたクマ。写真:Joe Riis 】

続きを読む "ゴビ・グリズリーを追って" »

北極圏の遊牧民:写真家フロリアン・シュルツとのインタビュー

by ユージニー・フレリックス

Top
昨年12月に発行したカタログで北極圏国立野生生物保護区を特集しました。写真構成としては、北極の海岸平野を神聖な地として捉えるグウィッチン族の暮らしと野生生物の両方を取り上げたいと考えていました。ドイツ人環境保護写真家のフロリアン・シュルツが過去2年間のほとんどをこの保護区でキャンプや撮影をして過ごしていたことを知っていたので、野生生物側の写真家の選択は簡単でした。

私は以前からフロリアンの写真が大好きで、保護活動にたゆまなく献身する彼の姿には深い感銘を受けています。北極圏キャンペーンにおける共同も例外ではありませんでした。何か月にもおよぶEメールや電話でのやり取りのあと、ようやくカタログとキャンペーンで使用する最終写真を決定することができました。本プロジェクトを通じて、フロリアンは寛大に彼の時間を割き、知識を共有してくれました。その彼に数週間前、電話で近況を聞きました。私はベンチュラから、南ドイツにいる彼に、彼の活動についてさらに詳しく話を聞くことができました。

【 写真上:気温の上昇にともなって北極海の氷が急速に消滅しつづけるなか、ホッキョクグマの生息数も減少の一途をたどる。アメリカ地質調査所は、2050年までに3分の2のホッキョクグマが姿を消すと予測する。このホッキョクグマの親子たちは、北極圏国立野生生物保護区の岸辺に憩いの場を見つけることができた。写真: Florian Schulz 】

続きを読む "北極圏の遊牧民:写真家フロリアン・シュルツとのインタビュー" »

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.jp をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.