南の島の渓流釣り:西表島・浦内川(前編)

by 中根 淳一(パタゴニア・フライフィッシング・アンバサダー)

Photo_01

南国沖縄でのフライフィッシングというと誰もが海の釣りを想像することだろう。僕も普段は河口周辺のマングローブ帯や海に足が向くことから、近年まで淡水の釣りはほとんど経験していなかった。しかし低山ながら山岳が発達した西表島では、いくつもの渓流があり、そこには好ターゲットの「メジロ」が潜んでいる。

 【 全写真:中根 淳一 】

続きを読む "南の島の渓流釣り:西表島・浦内川(前編)" »

2015年~16年パタゴニア・シーズン「パタゴニア・ドール」賞

by ロランド「ロロ」ガリボッティ

1

先シーズン、パタゴニアでは多くの歴史的登攀がなされたが、僕の「パタゴニア・ドール」賞は私心のない、そして永続する、ある非登攀に贈りたい。

その勢いは2014年後半、僕にe-mailをくれたクライマーのステファン・グレゴリーとともにはじまった。「僕は来シーズン、チャルテンに戻るつもりですが、お返しのために自分の時間をいくらか割きたいと思います。排泄物管理についての計画は何かありますか? 私は既存のプロジェクトを支援するために助成金申請の書類を作ることができます」

写真上:セロ・フィッツロイから下降すると、写真中央右側にラグナ・カプリが見渡せる。チームはウィルダネス・ラトリン・トイレの設営に、ハイカーに人気でエル・チャルテンに比較的近いラグナ・カプリを選んだ。アルゼンチン領パタゴニア。写真:Dörte Pietron

続きを読む "2015年~16年パタゴニア・シーズン「パタゴニア・ドール」賞" »

新しい国定公園:訪問者にインスピレーションを与え、地元地域を支える

by ローズ・マーカリオ、パタゴニアCEO

1

私がロサンジェルスに引っ越してきた最初のとき、友達がジョシュア・ツリー国立公園にキャンプに連れて行ってくれました。それまで砂漠の景観で過ごしたことがなかった私はそれについては予想もできず、退屈するだろうと思っていました。でもその最初の旅は霊的な経験だったとしか言いようがありません。私はそれまで世界中の最も美しい場所で何年も瞑想してきましたが、原始の岩、ジョシュア・ツリー、豊富な野生動物と簡素で基本的な景観に囲まれた砂漠の奥深くに入ることは比類の無いことでした。そのとき、ジョシュア・ツリーが国立公園であることをどれだけうれしく思ったことでしょう。そして周囲の景観がこれからやって来るすべての世代のために保護/保全されるに値するものであることを願いました。

そして、オバマ大統領がモハビ・トレイルズサンド・トゥ・スノーキャッスル・マウンテンズとして知られる180万エーカーを公式に新しいカリフォルニア砂漠国立公園として認定しました。これらの土地はアメリカにおいて真に顕著な場所のひとつとして確立され、いま本当に価値ある景観として認められたことを意味します。それはレクリエーションや憩いの場としてこれらの土地を求める私たち、これらの国立的な景観へのゲートウェイ地域として成長する砂漠の町、砂漠に住み、砂漠を移動する野生動物など全員にとっての朗報です。

写真上:カリフォルニア州のモハビ・トレイルズ国定公園の一部であるアンボイ・クレーター。写真:Bob Wick, BLM

続きを読む "新しい国定公園:訪問者にインスピレーションを与え、地元地域を支える" »

パタゴニアは有給家族休暇を支持します。

 

パタゴニアは社員が自分のため、あるいは直属の家族をケアするための有給休暇を支持します。それは社員とその家族のために正しいことであり、私たちのビジネスのためにも良いことだからです。しかし、こういった支援はアメリカではあまりにも稀で、有給の家族休暇/医療休暇にアクセスできる労働者はわずか13%です。アメリカは深刻な家族または医療ニーズが起きた場合の有給休暇のない唯一の工業国です。

上:パタゴニアは有給家族休暇を支持します。皆さんも支持してください。ビデオ:Patagoia

続きを読む "パタゴニアは有給家族休暇を支持します。" »

屋上太陽光発電を1,500の家庭にもたらすためにBコープが協力

1

この種の試みとしては初のBコープ認定を受けた5社の企業が、アメリカの1,000以上の家庭に太陽光発電の恩恵をもたらすために共同で3千5百万ドルのタックス・エクイティ(税負担)基金を創設しました。パタゴニアと〈Kinaʻole Capital Partners, LLC〉先導のこの新しい基金は、州および連邦の税額控除を利用し、手頃かつ効率の高いSungevity太陽光エネルギー・システムを住宅用開発に利用するためにパタゴニアの税金を運営するものです。

この新しい基金は2014年にハワイにて1,000の屋上太陽光発電を購入するために作られた類似かつ成功を収めたパタゴニアとKinaʻoleの試みを土台としています。そしていま、5社のBコーポレーション(Bコープ)(税負担投資家パタゴニア、基金マネージャーKinaʻole、金融会社New Resource BankおよびBeneficial State Bank、プロジェクト開発者Sungevity)が協力し、アメリカ本土に上陸しました。Bコープは非営利団体〈B Lab〉によって社会的/環境的パフォーマンス、責任説明、透明性の厳しい水準を満たすことが認証された営利企業です。

写真上:Kinaʻole Capital Partnersのために住宅太陽光発電システムを設置するコール・クリステンセン。ハワイ、オハフ島。写真:John Phaneuf

続きを読む "屋上太陽光発電を1,500の家庭にもたらすためにBコープが協力" »

目撃者

by ダイアン・フレンチ

1

結婚式の15分前、ウェディングドレスを着た私は妹の前に立って聞く。「見える?」 妹は頭を左右に傾けて、私をじっくりと観察する。「大丈夫、見えない。でもこれ、念のために持っていくといいわ」

2時間後、結婚記念のすべての写真がそれを証明しているように、雹まじりの嵐に見舞われて唇が紫になるころには、妹がくれたこの茶色いウールのショールをしっかりと羽織ることになるのだが、とりあえずいまは腕に掛けて擦り傷を隠している。今朝、結婚式の前に参加者たちと一緒にマウンテンバイクでライディングに出かけたとき、ハンドルを密接する木に引っかけて、石だらけの地面に転倒してできた傷だ。

バックボーン・トレイルの後戻りできない登り坂で懸命に踏み込むダイアン・フレンチ。コロラド州サライダ。写真:Sacha Halenda

続きを読む "目撃者" »

つる詳子とパタゴニアの新刊『草の根活動家のためのパタゴニアのツール会議』

1

パタゴニアは20年以上ものあいだ、ツール会議を開催してきました。そこではそれぞれの分野の専門家たちが実践的なトレーニングを通じて、経験豊かな活動家たちに、より効果的な活動家となるための手助けをします。そしていま、パタゴニアはツール会議での最高の助言や知恵を記録し、一冊にまとめました。『草の根活動家のためのパタゴニアのツール会議:環境保護運動における成功のためのベストプラクティス:パタゴニア』です。不安定な状況下での企業への働き掛け、資金集め、新技術の使用などだけでなく、キャンペーン、コミュニケーション戦略、草の根の組織活動、ロビー活動といった、環境保護運動における成功のための核心となるスキルを磨きたいすべての環境保護団体のために、その手腕を生み出します。

【写真上:『草の根活動家のためのパタゴニアのツール会議:環境保護運動における成功のためのベストプラクティス:パタゴニア』 ノラ・ギャラガー、リサ・マイヤーズ編集】

続きを読む "つる詳子とパタゴニアの新刊『草の根活動家のためのパタゴニアのツール会議』" »

パリ・プロジェクト:COP21会議、気候に関する歴史的条約と疑問だらけの将来で閉幕

by イーサン・スチュワート

1

これは、国連主催による気候変動世界会議をパリの現場で取材する『Santa Barbara Independent』紙総合監修者、イーサン・スチュワートがお届けする記事の第2弾です。まだお読みなってない方は第1弾もご覧ください。写真上:2週間の気候会議の終盤にル・ブルジェにおいて即興の抗議行動に参加する〈350.org 〉創始者ビル・マッキベン(めがねとレッドソックスの野球帽)。写真:Kodiak Greenwood

 

パリのパタゴニア

COP21会議中にパリで唱えられたもっとも明確で重要なメッセージのひとつは、国際的なビジネス界が利益マージンよりも母なる大地を優先することのメリットをついに理解するようになってきたということだ。2週間の会議中、CEOやさまざまな内部関係者、監視団体のあいだで交わされた数々の小討論会やスピンオフ・トークでの証言で明らかなように、民間産業は、カーボン・フットプリントの削減、地球に配慮した企業ポリシー、また明確な地球支援のブランド・アイデンティティをもつことがどう最終損益に反映するかについて認識しはじめた。端的に言うと、これはもはやたんに倫理基準に導かれたエコに精通した事業の運営方法ではなく、たんに健全な財政ポリシーになったということになる。

続きを読む "パリ・プロジェクト:COP21会議、気候に関する歴史的条約と疑問だらけの将来で閉幕" »

異なる道:ブレオ共同創始者のベン・ネッパーズとチリ南部で暮らす

by ブルック・オーテル

1

パタゴニアの「$20 Million & Change」基金は2013年に、志を同じくする革新的なスタートアップ 企業がビジネスを手段として環境危機のための解決策やその他の肯定的な変化をもたらすことを支援するために始動しました。あるいはイヴォンの言葉を借りると、「自然を使い尽くすのではなく、自然と連動すること」に成功するよう、企業家と革新者を援助することを目的としています。今日はそうした会社のひとつであり、Bコーポレーションと〈1%フォー・ザ・プラネット〉のメンバーでもある「ブレオ」をご紹介します。

コチョルゲにあるベン・ネッパーズのキャビンからは海が見えます。アメリカのケープコッド出身の起業家であるベンは、チリ南部のこの小さな沿岸コミュニティにはまったく縁のなさそうな住人です。彼は廃棄された漁網をリサイクル製品に転換させる革新的な会社、ブレオの共同創始者です。ベンはチリの現場でブレオのビジネスの基本となるリサイクリング・プログラム「ネット・ポジティバ・イニシアチブ」を監督しています。ブレオはネット・ポジティバを通してプラスチック汚染を削減すると同時に、サングラスとサイドウォーク・クルーザー・スケートボードを製造するのに必要な原材料を入手するため、捨てられた網の回収を促進しています。

写真上:ブレオの漁網回収/リサイクル・プログラムの「ネット・ポジティバ」を通じてブレオのスケートボードひとつひとつに変身した漁網の量を示すブレオの共同創始者ベン・ネッパーズ(左)とケビン・エーハーン(右)。チリ、サンチアゴ。写真:Kevin Ahearn

続きを読む "異なる道:ブレオ共同創始者のベン・ネッパーズとチリ南部で暮らす" »

ダグ・トンプキンスが亡くなったあとの人生とは?

By ステファニー・ピアソン

クリスティンとダグ・トンプキンス夫妻は、ほとんどのカップルにとっては稀な、冒険とリスクの人生を送り、チリとアルゼンチンの何百万エーカーもの土地の保護を援助した。夫の死後、クリスティンはいま、ダグなしで、6つの新しい国立公園を作るという手強いチャレンジに直面する。

 

Kris-tompkins-portrait_h
チリとアルゼンチンに保護地域を設定する仕事を継続するクリスティン・トンプキンス。写真:Conservacion Patagonica

 

続きを読む "ダグ・トンプキンスが亡くなったあとの人生とは?" »

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.com/japan をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.