湖から湖へ:パタゴニア公園の偉大な湖2つをつなげる

by リック・リッジウェイ、パタゴニア・パブリック・エンゲージメント副社長

1

チリ南部の新しいパタゴニア国立公園の公式なオープンは11月末に予定されているが、すでにそれに惹きつけられている訪問者は何千もいる。パタゴニアのトレイルランニングのアンバサダー3名も1月に完成済みの100マイル以上のトレイルの一部を走った。パタゴニア社はその建設資金の一部を提供したが、ほぼ65万エーカーの広さとなることが計画されている新しい公園は、現在の既存のトレイルシステムの外に完全な流域を有する。

編集者記:「ローカリズムの新たなかたち」キャンペーンを進展させつづけるためには、以前のキャンペーンを再訪し、それらに新たな息吹を吹き込むことも大切です。今日、リック・リッジウェイがふたたび触れるのは、資金調達目標の半分のところまできた「マイル・フォー・マイル」。パタゴニア社は2015年末までに「マイル・フォー・マイル」にいただいた寄付と同額をマッチします。

3月、公園を両端から挟む2つの偉大な湖、北のラゴ・ヘネラル・カレーラと南のラゴ・コックランをほぼ直接つなぐ潜在的ルートを偵察するため、僕は2人の友人ジブ・エリソンとウェストン・ボイルスに同行した。この2つの湖はあまりにも素晴らしく、最初に目にしたときマックスウェル・パリッシュの絵のように神話的に映る。

写真上:2日目、アヴィレス・ノルテにルートを発見する。チームはGoogle Earthの地図とiPhoneのアプリを使い、もしこのルートに沿って永久的なトレイルを敷くことになれば、パタゴニア国立公園が利用することになるであろう位置を記録した。

続きを読む "湖から湖へ:パタゴニア公園の偉大な湖2つをつなげる" »

スネークを解き放つ:アメリカ最大のサーモン・リバーの修復

 
 

先週私たちは『スネークを解き放つ』という新しいショートフィルムをリリースしました。映画『ダムネーション』の製作者から届いたフィルムは、ワシントン州を流れるスネーク・リバー下流の4基の疲弊したダムの影響に目を向けています。何年ものあいだ、スネーク・リバーのサーモンは、トラックで輸送され、はしけに乗せられ、魚梯でかわされてきました。そのすべてに費用がかかるにもかかわらず、個体数の減少を止めようとする努力は不成功に終わっています。いまこそダムを取り壊し、野生のサーモンをこの流域に再連結するときです。

フィルムの公開の一端として、私たちは健康な川を支援する人たちを勇気づけるため、 スネーク・リバー下流の4基のダムを取り壊すようオバマ大統領を促す嘆願書に署名することでこの取り組みに関与しています。今年のはじめ、『ダムネーション』の映画製作者とパタゴニアからのチームが最初の7万の嘆願書をホワイトハウスに提出し、ダム撤去を強く求める広告をワシントン州のメディアに出したことを覚えている読者の方もいらっしゃるでしょう。

 

参加するTake_action

スネーク・リバー下流の4基の疲弊したダムを撤去するためのオバマ大統領への嘆願にご参加ください。そして、皆様のネットワークでこのリンクを広めてください。

行動を起こす:嘆願書に署名する

 

ランタン渓谷の地震

by コリン・ヘイリー

1

4月16日の正午頃、バンクーバーから飛行機に乗った。くたくたに疲れていた。パタゴニアでの4か月のクライミングシーズンを終えて北米に戻ると山のコンディションは最高で、足しげく通わないわけにはいかず、結局この6週間ゆっくり休む間はなかった。今回パタゴニアで自己最高の結果を生み出したツケは、写真や執筆の依頼とそれに関する大量のeメールという形でまわってきた。ブリティッシュコロンビアでの最後2晩は何とか遅れを取り戻そうと、ほとんど眠らずに頑張ったが、ついに時間切れとなり、コンピューターを閉じて空港に向かった。全然追いついていなかったが、「返信しなかったせいで誰かが死ぬわけでもない。たかがeメールじゃないか」そう自分に言い聞かせた。

編集記:先日のネパール地震で被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。被災地への支援方法はこの記事の最後をご覧ください。コリンが無事に帰国したことを非常にうれしく思い、またブログ記事の転載を許可してくれたことに感謝します。

乗継ぎの広州の空港で2時間ほど過ごし、カトマンズ往きの飛行機に乗った。この数日間ギアの確認には相当な時間を費やしたが、それ以外はこれほど知識不足と準備不足の状態でクライミング遠征に出たことはなかった。ネパールには行ったこともなく、何も知らなかった。機内で隣り合わせたオーストラリアの青年に『ロンリープラネット』を借りて、土壇場の追い上げをした。17日の午前零時ごろ、ネパール人とフランス人の両親をもつ若い女性ラファエルの家に着いた。クライミング・パートナーのエムリック・クルエはその日の早朝にフランスから到着し、夜遅くまで起きて待っていてくれた。

写真上:エムリックと僕が宿にしていたグアルブーのロッジの部屋。地震の15分前にうたた寝から目を覚ましていたのは幸いだった。写真:コリン・ヘイリー

続きを読む "ランタン渓谷の地震" »

いちグローバル企業としてTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に反対します。

by ローズ・マーカリオ、パタゴニアCEO

1

パタゴニアは環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)とそのファスト・トラック認可に反対します。私たちはTPPとその地域内で製造される製品の関税削減から恩恵を得ることになりますが、マイナーな潜在的利益は社会および環境コストに値しません。

私たちはTPPが貿易協定としては前例のない環境および労働者の保護につながるというオバマ政権の保証にじっと耳を傾けました。そして私たちは、いくつかの理由により、納得していません。

最大の問題はTPPの秘密対応です。つまり部分修正もないまま議会で信任投票され、そして法律となるまで交渉は非公開で行われ、かつパブリックコメントも受け付けないのです。これは透明性とは正反対で、薄弱な民主主義といえます。

地図:フットプリント・クロニクル

続きを読む "いちグローバル企業としてTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に反対します。 " »

『The Fisherman’s Son』:プンタ・デ・ロボスへの僕のビジョン【アップデート:ラモン・ナバロ来日フィルム&ブックツアー日程】

by ラモン・ナバロ

Top

子供のころの僕は、父の手伝いをしながら父とまったく同じような漁師になりたかった。でも数人の男たちがサーフボードとウェットスーツとともに町に現れたとき、僕は思わず「ワオ!これはすごい」とつぶやいた。そしてそれからは、世界中の何よりもサーフィンについて学びたいと思うようになった。

そうしてサーフィンを学び、世界中を旅しはじめたのだが、サーフィンをするのにいちばんの場所は地元であることにすぐに気がついた。ここにはビッグウェーブもあれば、質のいい小さな波もあり、僕の愛する伝統的な漁業文化がある。だからここを超える場所はどこにもない。

僕は旅をしながら、世界中の同じような海岸が汚染され、自制心のない開発業者たちによって永遠に傷つけられてしまった姿をたくさん目にしてきた。以前は手つかずだった場所が台無しにされてしまった様子も見てきた。そして僕が愛するこの海岸も、パルプ工場、下水パイプライン、ダム、無分別な開発などによって、脅かされていることを知った。

上:漁具を整理するラモンと彼の父アレハンドロ。写真:Jeff Johnson

続きを読む "『The Fisherman’s Son』:プンタ・デ・ロボスへの僕のビジョン【アップデート:ラモン・ナバロ来日フィルム&ブックツアー日程】" »

どうすれば原油流出事故を防ぐことができるのか

by リック・リッジウェイ

1
1969年に私たちの手つかずのサンタバーバラのビーチに原油が到達したとき、ショックを受けたことを覚えています。私たちはもうろうとビーチを歩き、防護服や手袋も付けずにタールをこすり落としました。破壊はあまりにも途方もなく、私たちは胸が引き裂ける思いでした。

それから45年、カリフォルニア州民は石油とガス採掘によるこれ以上の劣化から海外線を保護することを進展させてきました。1969年の流出事故は近代の環境保護運動に火をつけ、1970年代初期にはおもな環境保護法通過に拍車をかけ、そしてこの海岸で生態系への脅威と戦う地元のアクティビストによる多くの成果へとつながったのです。

写真上:カリフォルニア州サンタバーバラ郡で起きた最近の流出事故のあと、訓練を受けた作業員がビーチで原油にまみれた残骸を除去する。写真:Linda Krop/Environmental Defense Center

続きを読む "どうすれば原油流出事故を防ぐことができるのか" »

ダムネーション:石木ダム建設阻止活動をご支援ください

 by 辻井隆行(パタゴニア日本支社)

1

すべてのテクノロジーには利点と弊害があります。開発されてから50年以上が経ったダムも同じで、近年はとくにその弊害がおよぼす影響が顕著になってきました。そうした背景から、米国では多くのダムについて経済的、環境的、文化的観点からその必要性が議論されはじめ、不必要なダムの撤去が進んでいます。その様子は映画『ダムネーション』でご覧いただけます。

日本には現在2,800基ものダムがあります。日本では高さ15メートル以上のものをダムと呼びますが、それ以下の小さな構造物も含めると、その数は10万に迫るとも言われています。ダムが日本の戦後の経済成長と国の繁栄にとって多くの役割を果たしたことは事実です。しかし、21世紀に入り、ダムによって私たちが失ってきたものが明らかになってきました。ダムは川の生態系を詰まらせ、魚や野生生物の生息環境を壊し、水質を悪化させます。一方、こうしたコンクリート建造物は老朽化するため、もたらされる利益は限られ、簡単にいえば、その価値は長くはつづかないのです。残念ながら、日本では現存するダムの必要性について行政が科学的な見地から客観的に評価したことはありません。

そして、日本にはいまも80にも上るダム建設計画が存在します。なかでも、長崎県東彼群川棚町に建設が予定されている石木ダムは、深刻な環境的、経済的、そして人権的な問題をもたらし、それらは私たち日本人がもう一度真剣に目を向けるべき問題です。

【 写真上:石木ダムの建設により沈む予定の長崎県東彼杵郡川棚町川原(こうばる)。道に沿って流れる石木川は川幅が狭く、水量も少ないとても小さな川 写真:村山嘉昭 】

続きを読む "ダムネーション:石木ダム建設阻止活動をご支援ください" »

容認できない労働コスト:サプライチェーンをより深く掘り下げることが、新しい外国人労働者雇用水準にどのようにつながったのか

Top

職を得るために7,000ドル支払うことを想像してみてください。それは労働者を必要とする台湾の多くの工場の職を紹介するために、就職斡旋業者がアジアの外国人労働者に請求する手数料です。斡旋業者は通常、法的制限を超えた手数料を請求しますが、この慣行はビジネスを営むうえで容認可能であると考えられています。手数料には輸送費、就労ビザなどの必須項目が含まれていますが、工場での仕事を得るためにそのような手数料を支払うことは、すでに生計を立てるのに苦心している労働者にとってはほとんど不可能な重荷です。

辛辣に言えば、それは現代の奴隷制度ともいえる年季強制労働のひとつの形態を作っています。そしてこれは私たちのサプライチェーンで起こっていることです。

写真上:リタ・ツェングは台湾を拠点とするパタゴニアのソーシャル/エンバイロメンタル・レスポンシビリティー(SER)の現地マネージャー。彼女が工場監査の際に外国人労働者と会談している様子。パタゴニアのパートナー〈Verité〉からのフィールドスタッフの専門家チーム、労働者の母国語を話す通訳が同伴。写真:Jeannie Chen

続きを読む "容認できない労働コスト:サプライチェーンをより深く掘り下げることが、新しい外国人労働者雇用水準にどのようにつながったのか" »

パタゴニア直営店 2015 SURF FILM 上映会

Surf_img1

 『ティエラ・デ・パタゴネス』
― 海のカウボーイ ―

2014年/アルゼンチン/72分

"Gaucho Del Mar" (海のカウボーイ)の兄弟は世界最南端エリアのひとつであるエスタドス島でのサーフィンを目的に旅へ出た。パタゴニア地方で6か月に及ぶトラックでの移動やテント生活のなかで現地の人びとと交流し、都会には存在しない言質の生活を学び、旅の途中で固有の植物たちや動物たちに出会う。そして兄弟は厳しい気象状況との戦いの末、ウシュアイアという街に到着する。そこからヨットに乗り、ビーグル水道を抜け、世界で最も危険とされるル・メール海峡を航海し、目的の無人島エスタドス島へ辿りついた。その先にあるものは…?

 
『ラスト・パラダイス』
― アドレナリンを追い続けたニュージーランドの冒険家たち ―

2013年/ニュージーランド/100分

ニュージーランドの豊かな自然の中で育ち、工夫しながら様々な遊びや冒険に挑戦していた子どもたちが、やがてアドベンチャー・トラベルに大きな変化をもたらした。45年にわたる映像記録のおかげで、我々も初期の「冒険野郎」たちの旅を経験し、当時の手つかずの自然を目にする貴重な機会を得ることができる。それが『ラスト・パラダイス』だ。本映画は観る者に、待ったなしの重要な環境問題を突きつけている。エクストリーム・スポーツの誕生や初期のパイオニアたちの物語、そして45年の歳月をかけて撮影、編集した素晴らしいオリジナル映像を通して、我々はかつて「正常だった」地球の姿が一世代で激変してしまった事実を知ることになる。

続きを読む "パタゴニア直営店 2015 SURF FILM 上映会" »

遺伝子組み換え食品が安全なら、ラベルを付けられるはずです。

by ローズ・マーカリオ、パタゴニアCEO

Top

パタゴニアの創業者イヴォン・シュイナードが2000年代初期に遺伝子組み換え食品について執筆しはじめたとき、彼は合理的な疑問を投げかけることからはじめました。「遺伝子組み換え食品について衣料品製造会社は何を知っているのだろう」

その答えは「十分ではない」でした。そしてそれは他の人も同じです。イヴォンは遺伝子組み換え食品が蔓延していくなかで、それが野生と生物多様性に及ぼす重大な脅威を予測したのです。

それから10年以上の後、遺伝子組み換え食品が日々の生活で急激に普及するなかで、しかし消費者の基本的な認識はいまだに不十分です。

そして連邦議会に提出された憂慮すべき法案がそれを継続させようとしています。「Safe and Accurate Food Labeling Act of 2014 (H.R. 4432)(安全かつ正確な食品ラベル法令2014年)」は、製造業者は遺伝子組み換えを含む食品ラベルを付けなければならないという義務をすべて取り去ります。誤解を招きかねないその法令のタイトルからは、消費者を無知のままにしておく意図も伺えます。

写真上:パタゴニア・プロビジョンの野生のベニザケは豊富で持続可能な川のみで捕獲され、養殖あるいは遺伝子組み換えサーモンは一切使用していない。ツァンパ・スープはオーガニックかつ遺伝子組み換えのない食品のみを採用。

続きを読む "遺伝子組み換え食品が安全なら、ラベルを付けられるはずです。" »

クリーネストライン

アウトドアウェアを製造/販売するパタゴニアの社員、友人そしてお客様のためのブログです。パタゴニアについては patagonia.com/japan をご覧ください。

クリーネストラインとは

RSSフィード

Twitter

© 2013 Patagonia, Inc.